FC2ブログ

日本でのある手続き(新型コロナと全く関係ありません)で、 妻のフランスでの収入と所得税が問われています。

COVID-19による非常事態時の質問で気が引けますが、アドバイスをお願いいたします。
質問。パリ近郊県在住、既婚です。日本でのある手続き(新型コロナと全く関係ありません)で、
妻のフランスでの収入と所得税が問われています。フランスは家族申告(世帯申告)で、夫、妻の
収入数字が合算されて、世帯として所得税を払っています。したがって、妻のフランスでの所得税額は
出せないと思うのですが。手続き先には、そのような事情のメモを付けようかと思っていますが、当室
相談員はどのようにお考えでしょうか。

お答え・見立て。この質問は初めてですね。確かに、フランスの所得申告は世帯単位の申告で、家族指数
NOMBRE DE PARTといいますが、これが所得税IMPOT SUR REVENU算出に大きく影響します。
単身者は「1」、カップル(結婚、PACS)は「2」、子ども(通常18歳まで。学業継続の場合は上限25歳まで)は一人につき「0,5」です。
例をつくれば、「夫婦+子ども二人」の家族指数は、2+0,5x2=3です。
質問の文面にもあるように、所得税はカップルの収入が合算されて、家族指数が関数となって算出されます。夫の所得税〇〇〇ユーロ、妻の所得税×××ユーロ、合わせて△△△△ユーロを支払え、ではありません。

一方、税務局が特別に発行してくれるどうかです。所得税支払い状況証明(ATTESTATION DE REGULARITE FISCALE)の中に(個人所得税支払い状況証明)ATTESTATION DU SERVICE DES IMPOTS DES PARTICULIERS(個人所得税支払い状況証明)があります。
ここでいう個人PARTICULIERSは、会社SOCIETESに対する個人であって、夫個人あるいは妻個人の証明ではなく世帯ではないでしょうか。夫個人あるいは妻個人で出してくれるものなのか、取り寄せた
経験がないので、わかりません。

税務局ではなく、当事者がAVIS D’IMPOTから比例計算で出すのはどうでしょうか。
AVIS D'IMPOTでの、夫の収入、妻の収入を合算します。ここでいう収入は、申告収入数字よりは、
職業経費が差し引かれた後の数値がよいでしょう。
SALARIEの場合はこうなりましょう。
DECLARATION(申告額)を100としますと10%の控除があり90となります。この90を収入数値とします。
PROFESSION LIBERALE(=MICRO-ENTREPRENEUR・PL)の場合はこうなりましょう。          
DECLARATION申告額を100としますと定率34%の自動控除があり66となります。この66を収入数値とします。
妻の所得税額は、以下の算出式で出て来ませんか。

所得税額(世帯)×妻の収入数値/夫婦合算収入数値=妻の税額部分

2020年4月20日   相談室    岡本 宏嗣




第20回所得申告説明会(2020年4月25日開催予定)を延期させていただきます。

第20回所得申告説明会(2020年4月25日開催予定)を延期します。

2020年3月15日付け当ブログで予告しました「第20回所得申告説明会(2020年4月25日開催予定)」を延期させていただきます。
なお、
申告用紙による申告の締め切りは、5月14日→6月12日
ネットによる申告の締め切りは、6月2日→6月11日(パリ、パリ近郊県在住の場合)
に、それぞれ延期されています。

2020年4月12日 滞在相談室  岡本 宏嗣

報告です。長年放置していたムチュエルに加入しました。加入した動機も時期もCovid-19とは関係 ありませんが、新制度のようで、同じ事情の方々の参考になればと思い、加入の報告をさせていただきます。

報告です。長年放置していたムチュエルに加入しました。加入した動機も時期もCovid-19とは関係
ありませんが、新制度のようで、同じ事情の方々の参考になればと思い、加入の報告をさせていただきます。

SECU加入歴は長いのですが、ムチュエルへの加入は足踏みしていました。健康、体力に自信があったことと、収入が少ないので保険料負担が苦しいことがありました。正直なところ、SECU保険料の支払いだけでアップ・アップでした。
ところが、年齢を経て健康に自信がなくなってきました。病院通いやラボでの検査に迫られるようになってきました。そこで、この相談室で相談したところ、CMU-Cという無料のムチュエルがあることを教えていただきました。CMU-Cには収入制限ラインがある、そのラインを超えた場合にも援助制度があるというアドバイスでした。
私は、収入が少ないのですが、低収入層向けの福祉制度、援助制度の利用には心理的に抵抗がありました。それで、グズグズと先延ばししていたのですが、手術をしなければならない病気が発見されました。緊急ではないのですが、早い方がよい、という医師の見立てでした。
それで、見っともないとか、恥ずかしいとか、制度のお世話にはなりたくないとかの見栄は捨てて、CPAMに飛び込みました。CPAMの窓口に必要書類を揃えて申請したのが昨年2019年秋でした。
1か月半ほど過ぎても連絡がないので、CPAMに足を運んだところ、CMU-C制度はなくなった、2019年11月から新制度になったということで、新制度用の手続き一式が渡されました。それに従って加入手続きを済ませて、その後の手術に臨みました。
手術後、病院会計では1ユーロも取られずに済みました。術後に経過・補助治療の通院が数回ありましたが、SECUとムチュエルの提示で費用負担はゼロでした。
以上を報告します。そして新制度の内容について説明していただければ幸いです。

(回答者注  CPAM=CAISSE PRIMAIRE ASSURANCE MALADIEの略称。健康保険公庫。居住地区別にあります)

報告にお礼。そしてお答え・見立て、です。
まず、Aさん、報告ありがとうございます。とにもかくにも手術も術後の回復も順調でよかったですね。   
「見っともないとか、恥ずかしいとか、制度のお世話にはなりたくないとかの見栄は捨てて」には感動しました。そして、とても重要な報告です。当相談室も2019年11月スタートの新制度を知ったのは2020年に入ってからでした。確かに「CMU-C」と「ACS(AIDE AU PAIEMENT D’UNE COMPLEMENTAIRE SANTE)」は廃止になり、というよりはCSS(COMPLEMENTAIRE SANTE SOLIDAIRE)という新しい制度に代わりました。以下に説明していきます。

その前に、基本用語を確認しておきます。
(1)Aさんは「SECU加入歴は長い」とあります。「正直なところ、SECU保険料の支払いだけでアップ・アップでした。」ともあります。以上から、AさんはNON-SALARIEのPROFESSION LIBERALE(以下、PLと略称)であることがうかがわれます。SECU保険料は、そのPL収入(NON-SALARIE収入)から、自分でSECU保険料を支払わねばならないからです。
ここでいうSECU保険料とは、①ASSURANCE MALADIE(健康保険)②ASSURANCE VIEILLESSE(年金保険)③CSG/CRDS(保険ではなくSECU税のようなもの)などから成ります。
①は加入して保険料は払うが②は加入しない。年金保険料も払わない、の選択はできません。一括して払わねばなりません。「SECU保険料の支払いだけでアップ・アップでした。」はそうした事情からです。Aさんだけではありません。PLの誰もがアップアップしているのが実情です。

(2)上記①ASSURANCE MALADIE(健康保険)は、基本的には診療費の70%(上限)をカヴァーします(例外。MATERNITE(出産)、ALD(AFFECTION DE LONGUE DUREE/長期診療を要する指定病)は100%)。残りの30%をカヴァーするのが④MUTUELLE(ムチュエル)保険です。①が主健康保険、④が補助健康保険といえましょう。そして、①は国庫保険、④は民間保険です。

(3)CMU-C(COUVERTURE MALADIE UNIVERSELLE-COMPLEMENTAIRE)は、④です。
そして、保険料はありませんから、①が委託契約した民間保険会社に委託料を負担しているのでしょう。収入制限がCMU-Cよりゆるい「ACS(AIDE AU PAIEMENT D’UNE COMPLEMENTAIRE SANTE)」にあっては、当人が民間保険会社へ払う保険料の一部肩代わり方式でした。それはCHEQUEで支給されていました。

(4)さて、CSS(COMPLEMENTAIRE SANTE SOLIDAIRE)という新しい制度はこうです。
(a)MUTUELLE保険料が無料となる収入制限ライン(家族単位での年収数字) 単位ユーロ
単身 8951 /二人 13426 /三人 11621/ 四人18797 / 以下一人増につき3580ユーロ増。
(b) MUTUELLE保険料は有料 ( 低額 )となる収入ライン(世帯単位での年収数字) 単位ユーロ

(b-1)保険料 (月額)
29歳まで 8ユーロ / 30~49歳 14ユーロ / 50~59歳 21ユーロ /60~69歳 25ユーロ / 70歳以上 30ユーロ

(b-2)収入ライン (家族単位での年収数字) 単位ユーロ
単身 12084 / 二人 18126 / 三人 21751 / 四人 25376  
以下一人増につき4834ユーロ増。

先に「当相談室も2019年11月スタートの新制度を知ったのは2020年に入ってからでした。」と記しました。2019年の秋口から様々な民間保険会社から、MUTUELLEの売り込みメールが毎日のように入り出しました。「月額20ユーロ、無料お試し期間3か月」とか。それは異常といってよいほどの売り込みラッシュでした。本数は減りましたが、今でもポチポチ続いています。遅まきながら年明けの2020年1月になってCSS(COMPLEMENTAIRE SANTE SOLIDAIRE)という新MUTUELLE制度を知って、「あのラッシュはそういうことだったのか」になりました。

Aさん、貴重な報告に重ねて感謝しつつ。そしてお大事に。




2020年4月8日  相談室  岡本 宏嗣

第20回 所得申告説明会のお知らせ(2019年度(1月-12月)所得の申告)

第20回 所得申告説明会のお知らせ(2019年度(1月-12月)所得の申告)

2019年1月-12月の1年間の収入を2020年5月14日(インターネットでの申告は6月2日)締め切りで申告します。
2019年1月から源泉徴収方式(PRELEVEMENT  A LA SOURCE)がスタートし、所得税の支払い方法は変わりましたが、課税の仕組みは変わっていません。
今回初めて申告される方、申告経験はあるものの、より正確に知りたい方は是非ご参加ください。
日時  4月25日(土) 15h00-17h30頃 (変更の場合はお知らせします)
会場 日本人会 9 , Avenue Marceau 75116 PARIS
参加資格 当会会員(随時、会員登録できます)
参加費(配布資料代) 20ユーロ
要予約 TEL 01 4723 3358 
FAX 01 4723 0576            
メール:nihonjinkai@free.fr
             *
所得申告用紙の種類、記入の仕方、税額の算出など、ケース別(SALARIE/ VISITEUR/ ETUDIANT/ BNC・PROFESSION LIBERALE ・AUTO(MICRO)-ENTREPRENEUR)に説明します。
この説明会に参加した上で、なお個別事情のある方は個別相談に応じます。予約は説明会終了後に受付けます。 
                  *
所得申告をする=所得税を取られる、は必ずしも正確な理解ではありません。
申告の仕組みをよくつかんで適切に対処する必要があります。滞在許可証の更新、滞在身分の変更、10年カードの申請・取得などにも直接関係してきます。フランスに長・中期滞在を予定している方に参加をお勧めします。

滞在相談室   岡本宏嗣

フランスで働く場合、フリーランスでも5年間はフランスの社会保障に加入しなくてもよいと、どこかで読んだ記憶があるのですが、

質問。フランスで働く場合、フリーランスでも5年間はフランスの社会保障に加入しなくてもよいと、どこかで読んだ記憶があるのですが、このブログだったでしょうか。

お答え・見立て。当ブログではないですね。「フランス/パリ滞在相談室」主宰、「フランス/パリ滞在質問箱」ブロガーの私自身がそう思っていませんから。思ってもいないことをブログに書くことはあり得ません。ただし、読み手側の読み違えまでは責任を負えません。


「5年間はフランスの社会保障に加入しなくてもよい」は、日仏社会保障協定から来ていましょう。同協定の第二章「五条」、「六条の1」(Article 5,Article 6-1)です。
(1)「Article 5」(五条)はこういう規定です。
フランスで働く者は、SALARIEとして働く場合であれ、NONーSALARIEで働く場合であれ、フランスの社会保障に加入し、 フランスの社会保障法令のみが適用される(これは相互協定ですから「フランス」を 「日本」に置き換えて読むことができます。日本語条文では、SALARIEは被用者、 NONーSALARIEは自営業者とされています)。

(2)「六条の一」(Article 6-1)は特別規定です。              
 「但し、フランス(の親(子)会社、グループ企業・関連会社など)に派遣されて勤務する場合は、5年間を超えない範囲で日本の社会保障にとどまれる」です。派遣されて勤務する」のはTRAVAILLEUR SALARIEです。NON-SALARIEではありません。

以上から、(1)はSALARIEにもNON-SALARIEにも適用される基本規定、原則規定でしょう。
(2)はSALARIE派遣・駐在員を対象とした特別規定・例外規定といえるでしょう。                              日本でいうところのフリーランスは、上記(1)に該当し,(2)に該当しないことは確かでしょう。

(3)滞在許可証から見ますと(2)に該当するのは「PASSEPORT TALENTの3°/SALARIE EN MISSION」と
「SALARIE DETACHE ICT]でしょう。       
フリーランスは、フランスでの滞在許可証は「ENTREPRENEUR/PROFESSION LIBERALE」です。これはNON-SALAIREでしか職業収入を得ることができません。 そして、その職種に応じてフランスの社会保障公庫に登録し、そのNON-SALAIRE収入に応じて社会保障負担金(COTISATION ET CONTRIBUTION SOCIALE)を支払うことになります。 

2020年3月13日  相談室  岡本 宏嗣
プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR