FC2ブログ

滞在許可証の更新に必要な書類の一つに、TITRE DE SEJOUR DEMANDE ETR という書類が、、、、

質問。滞在許可証の更新に必要な書類の一つにTITRE DE SEJOUR DEMANDE ETR という書類があります。
この書類の最後の部分ー
Date de dernièrte entrée en Franceの欄にはなんの日付けを記入したらよいのでしょうか。
コロナ禍以前の昨年2019年に日本へ一時帰国してフランスに戻った日付けでしょうか。それとも、在日フランス大使館でVISAを取得してフランスに入国した年月日でしょうか。
もう一つ。その下にActivite actuelle とありますが、ここには何を書けばよいのでしょうか。
学生とか無職といったことを記入するのでしょうか。

お答え・見立て。

パリのPREFECTUREでは、この書式は申請者の一件書類(DOSSIER)の「表紙」のようなものです。cerfa番号(管轄省の所定書式)がないので、パリPREFECTUREの独自書式なのでしょうね。他県庁でも似たような書式はあるでしょうが、、。
この書式はどんなケースでも要・提出です。CARTE DE RESIDENT(CDR)の更新であれ、SALARIE滞在許可証の更新であれ、
滞在身分の変更申請であれ、、、です。
記入内容は「身上調書」のようなものです。この「表紙」=「身上調書」の位置付けは 後段に回しますが、ここでは1点だけ触れておきます。

(1)必要書類の提出が終わり、担当者(AGENT)の質問にも答えて一件落着。「RECEPISSE(レセピセ)を出しますから、しばらくお待ちください」になりましょう。そして、呼び出しがあって「RECEPISSE(レセピセ)を受け取る段になるのですが、それには両親の名前が記されています。両親の名前が、この「表紙」=「身上調書」への記載(当人による)から引き写されていることは確かですね。同姓同名のニアミスに備えて親の名前を付しているのでしょうね。
さて、本題です。

(2)Date de dernièrte entrée en Franceに先立って、「Avez-vous déjà eu un titre de séjour en France ?」とありますので、この設問の流れから推察して、「在日フランス大使館でVISAを取得して入国した年月日」ではないでしょうか。一時帰省やフランス国外への小旅行による寸時出国、そして再入国した日付けがここで問われているとは考えにくいのですが。

(3)次いでActivite actuelle欄です。ここに記したことがトラブル要因にはならないでしょう。あるがままの記載でよいのではないでしょうか。これまでは学生滞在で、今回が滞在身分の変更申請であれば、ETUDIANT-SALARIEとか、あるいは変更後の職種を先取りして記入するとか。VISITEUR滞在者は年齢が高い場合はRETRAITE(E)(退職者)、あるいはCONGE SABBATIQUE(一時休業中)とか、SANS PROFESSION(無職)とか。

ここで記したことが外国人の職種別統計資料に使われることがあっても、それ以外のことはないでしょう。以上が質問へのお答えです。
以下は、この「表紙」=「身上調書」の位置付けです。

(4)「表紙」=「身上調書」の裏面は、
PARTIE RESERVEE A L’ADMINISTRATION(PREFECTURE側の担当者(AGENT)による評価(OBSERVATION)を記載する)欄です。そして、さらにDECISION欄があります。「面接をして評価する担当者」とその評価に目を通して「決定する権限者」がいることが窺えます。
過去の結果報告例に「私には権限がありませんが、AVIS FAVORABLE(合格)の報告をしておきます、といわれたので、まあ、大丈夫だろうの感触ですが、、、」。
こんな報告例もあります。「その担当者は決定権限も持っている人だったようです。その場でOKの決定を出してくれました」。

(5)以下のことは、以前にもこのブログで書いたことです。

滞在許可証の更新却下理由状をこれまでに相当数読んできました。「更新却下理由状と却下通知」のみの場合、「更新却下理由状と却下通知」に加えて「国外退去勧告」(1か月以内の)が付いている場合があります。

「国外退去勧告」が付いていたあるケースです。却下理由状に記されていることは予想通りのことでしたが、最後にこんな記述がありました。「あなたにはフランスに在住しているPARENTE(親、兄弟姉妹、つまり肉親)がいません。あなたが自国に帰国することにいささかのINHUMAIN(反人道性)はありません」

ここで「「あなたにはフランスに在住しているPARENTE(親、兄弟姉妹、つまり肉親)がいません」は、この表紙=身上調書にある該当の記載(当人による)から来ていることは言を俟ちません。
このことを裏返しますと、親、兄弟姉妹がフランスに在住していると却下されにくい、といえるのかどうか、です。
この欄は、そもそもは旧フランスの植民地国、フランスが宗主国だった国々の人々を対象にしたものでしょうが、最近は日本人にも増えてきている、の印象を持っています。フランス人と結婚して子どものいる家庭に母親がベビーシッターや家事の応援役で共同生活する、共同生活はしないまでも、近辺に小部屋を借りて「通い」で応援役をする。ひとりっ子なので日本の両親がフランス移住して来ている、などです。いずれもVISITEURでの滞在です。

「表紙」=「身上調書」への記入についての質問から、いろいろな事情、場面が思い浮かび長くなりました。乞う、ご了承。

 2020年6月27日  相談室  岡本 宏嗣
スポンサーサイト



Regroupement familialについて,その後の報告です。

報告。Regroupement familialについて,その後の報告です。
Regroupement familialのことで何度も相談室にお世話になっている者です。
かなり時間が経ってしまっているのですが、進展がありましたので報告させていただきます。
結論から書きますと、今年1月末に呼び寄せが認められた旨の手紙が届きました。
今までの経緯を以下に説明させていだだきます。
パリでの申請で、夫の呼び寄せになります。

・2018年11月下旬に必要書類を移民局に郵送。
・あまりに音沙汰が無い為、2019年2月末に移民局に出向いて問い合わせ。
 「まだ9月の書類を見ているので、連絡がないのは普通、待ちなさい。」の回答。
・5月末に追加書類の提出を求める手紙が届く。
 追加書類は
① la copie intégrale de l’acte de mariage, apostillée, en japonais et en français, les traductions devant être effectuées par un traducteur assermenté près une Cour d’Appel en France
②taxe d’habitation 2018
③dernière facture d’électricité
④dernière quittance de loyer
これを30日以内に提出しろとの事でした。
蛇足ですが、①に関して。
最初の書類提出でもちろん婚姻証明書にあたる、アポスティーユ付き戸籍謄本の法定翻訳は提出しておりましたが、翻訳のタイトルがacte de mariageになっていなかった為再提出になってしまいました。
手紙の日付が、私の家に届くまでにすでに1週間経過していた為、新しく戸籍謄本を日本から取り寄せるのは諦め、弁護士に日本の戸籍のシステムによりすでに提出している法廷翻訳で充分であることを説明する手紙を書いてもらい、その他の書類と一緒に送りました。
・6月下旬に追加書類を郵送
・7月の半ば、attestation de depotが届く。受付日付は追加書類の郵送日でした。
・8月の下旬、自宅点検の日時を知らせる手紙が届く。
 その際に提出する書類リストも同封されていました。今まで提出したものと大体同じです。
 9月下旬、移民局による自宅点検。これより先、書類は移民局から警察署に送られると言っていました。
・2020年1月末、呼び寄せが受理された旨の手紙が届く(最初の書類提出から14ヶ月経過)
・3月下旬、在日フランス大使館から夫にメールが届く。

となります。
今後は夫が、大使館に予約を取り必要書類を提出する流れになりますが、このコロナ騒動でビザセクションは動いておらずで、現時点で予約も取れない状況です。

最初に書類を送ってから追加書類の知らせまでがとにかく長かったです。
Attestation de depot以降は、多少の遅れはありますが事前に説明されているスケジュールにほぼ沿っている印象です。

まだ全ては終わっていませんが、ひと段落したので報告とさせて戴きます。
今後呼び寄せをする方に少しでもお役に立てばと思います。


報告、ありがとうございました。Aさんのこの件、しっかり記憶しています。REGROUPEMENT FAMILIAL(「家族呼び寄せ手続き」RGFと略記)は、①OFII(移民局)→②PREFECTURE→③在日フランス大使館VISA セクション→④同VISAセクションが呼び寄せられる日本在住の当人(ここではAさんの夫Bさん)へ通知→⑤Bさんが同VISAセクションに出頭してRGF VISAを取得して渡仏。            
この①~⑤の「流れ」になります。コロナ禍でVISA手続きが遅れているようですが、時間の問題だけです。よかったですね。
先行き不透明の不安、疑心暗鬼に堪えてよく頑張りましたね。当室の知る範囲に限られますが、これまでのRGF申請では
「14か月かかりました」が最長でした。Aさんの申請ケースも歴代のトップ・レヴェルです。
 
さて、蛇足になりますが、ここで②について触れておきます。Aさんの報告文面に「9月下旬、移民局による自宅点検。これより先、書類は移民局から警察署に送られると言っていました」とあります。ここでいう警察署はパリの場合はCITEのPREFECTURE (DE POLICE)です。我が家から200mほど先にあるパリ〇区のCOMMISSARIAT DE POLICE(地区警察署)ではありません。

①OFII職員による住居点検が終わりますと、一件書類は②PREFECTUREに回ります。 PREFECTUREは申請者(ここでは「呼び寄せ主」のAさん)の滞在許可証発行・更新歴、これまでに「公共の秩序を犯していないかどうか」などを点検し、問題がないとなれば、 ③在外公館(ここでは在日フランス大使館)に「(Bさんに)RGF VISAを出されたし」の指示になります。

テロ排出国ではない日本人のRGF申請は、②PREFECTUREでの点検が形式化していましょうが、②PREFECTUREでの点検が導入された当初(2013~14年)の申請ではトラブルが起きています。

パリ在住のRGF申請者(呼び寄せ主)をXさん、日本在住で「呼び寄せられる方」をYさんとします。在日フランス大使館からYさんに電話が入りました。「パリのPREFECTUREから却下の連絡が入り、あなたにRGF VISAが出せなくなりました。理由は分かりません。 Xさんに訊いてください」。YさんがパリのXさんに連絡をとると「PREFECTUREからそんな連絡は受けていない」でした。弁護士経由でPREFECTUREに連絡をとってもらったところ「近日中に却下理由書を送付する」。10日後見当に却下理由書が送付されてきたのですが、予想もしていなかった却下理由が記されていたのでした。
「あなたの月額SALAIRES(給与)は、あなたが居住しているアパルトマン月額LOYER(家賃)の3倍に達していない」です。
フランスおよび日本の銀行口座の預金残高額を同封して家賃支払い能力のあることを立証して異議申し立てをしたところ、
「預金は資産(BIEN)であって定期収入(SALAIRES)ではない。問われているのは定期収入です」。
市中のAGENCE IMMOBILIERE みたいな回答です。そこで上級裁判に持ち込みました。                

「家賃の3倍の月収があること」はAGENCE IMMOBILIEREが設定している業界ルールであって、「家族は共同生活する権利がある」に基づくRGFのHUMANITE(人道主義)とはいささかの関係もない、を主張しました。それで、最終的には勝訴になったのでしたが、判決が出るまでに1年強かかっています。PREFECTURE側はこの敗訴で、家賃3倍論は二度と持ち出していない(ハズ)です。

それでは、Aさんに重ねて報告のお礼をし、「Bさんが無事にVISAを取得して渡仏し、OFII(移民局)での手続き(VALIDATION DE VISA)が済んだ時点で、最終報告をお願いしますね。お待ちしています。
 
2020年6月15日  相談室  岡本 宏嗣

CARTE DE SEJOUR PLURIANNUELLE(複数年滞在許可証)の中途年でもCARTE DE RESIDENTの申請が認められます。CESEDA(外国人滞在管理法) R 314-1-3に規定されていました。

CARTE DE SEJOUR PLURIANNUELLE(複数年滞在許可証)の中途年でもCARTE DE RESIDENTの申請が認められます。CESEDA(外国人滞在管理法) R 314-1-3に規定されていました。

ここ2か月の間に、4年モノの「CARTE DE SEJOUR PLURIANNUELLE(複数年滞在許可証)の中途年でCARTE DE RESIDENT(CDR)を申請・取得した2ケースを紹介しました。
(a)2020年5月2日付ブログ「報告です。4年モノの滞在許可証の中途年で、10年カードが発行されました」。当相談室では初ケースなので報告します。

(b)2020年6月3日付ブログ「報告です。4年モノ滞在許可証の「中途年」でCDRの申請をしました。

また、(b)ブログでは「但し、この中途年でのCDR申請がフランス全土95県庁(PREFECTURE)のいずれでも受け付けているかは「?」です」と記しました。
この部分は撤回します。そして、「中途年でのCDR申請は受け付けないとされたら、CESEDA R 314-1-3に規定がある、と迫ってください」に差し替えますので, よろしく。

さて、CESEDA(外国人滞在管理法) R 314-1-3の末尾部分にこうあります。
「複数年滞在許可証の所持者は、CDR申請資格が生じる滞在年数に達した時点でー
その複数年滞在許可証の満期期限を待つことなくーCDRの申請をすることができる。

CESEDA R 314-1-3条の検索ではご注意ください。最新のVERSIONを出してください。過去のVERSIONを出してしまうと
「そんなことは記されていない」になりますので、要ご注意です。

2020年6月13日 相談室  岡本 宏嗣


4年のSALARIE滞在許可証を持っていますが、この更新について質問です。                                                

4年のSALARIE滞在許可証を持っていますが、この更新について質問です。
質問。
現在SALALIERの身分で4年ビザでフランスに滞在しておりますが、8月中旬で切れるため更新準備を進めています。
更新に当たって5年分のAVIS D’IMOPOTSが必要とのことですが、一時期GILET JAUNEの影響で収入が下がったため、収入が不十分と見なされるのではないかと危惧しています。

そこで申請の際には10年ビザの取得申請をすれば良いのか、4年ビザの更新願いの書類を提出すべきなのか伺いたいです。 これは別々に2つ提出するものなのか。10年ビザの取得願いを提出し条件が満たされなければ4年のビザが出るといった流れになるのでしょうか。

また更新の際にOFIIの健康診断所とAttestation de l’OFFII de clôture ou de suivi des actions prévus au contra d’intégration républicaine とありますが、これはどう言ったものですか。

最後に滞在更新の際のOFIIの予約方法について質問させてください。
こちらは最初にフランスに入国した際に提出した下記のもので大丈夫なのでしょうか。
更新用の書類がサイトでは見つからなかったのでご教授いただけましたら幸いです。

https://www.diplomatie.gouv.fr/IMG/pdf/formulaire_de_demande_d_attestation_ofii_-_recto_verso_-_version_du_01-07-2016_cle8f77f2.pdf

(質問文面は、質問内容と関係ない一部分を省略しました)。

お答え・見立て。
現時点で確認できることにお答えします。
(1)4年を上限とするCARTE DE SEJOUR PLURIANNUELLE(複数年滞在許可証)の更新には、基本的に同一期限のものが発行されます。MINISTERE DE L‘INTERIURのサイトにこうあります。
http://accueil-etrangers.gouv.fr/demande-de-titre-de-sejour/vous-etes-ressortissant-e-non-europeen-ne/vous-etes-ressortissant-e-de-pays-tiers-non-algerien-ne/vous-etes-en-france-vous-avez-deja-un-titre-de-sejour/vous-souhaitez-obtenir-son-renouvellement/pour-l-obtention-d-une-carte-de-sejour-pluriannuelle/
Durée des titres                                                 La carte de séjour pluriannuelle renouvelée a une durée identique à la première carte de séjour pluriannuelle.
(更新される複数年滞在許可証の有効期限は、初回発行の複数年滞在許可証と同期限のものが発行される)

(2)「複数年滞在許可証の更新」と「CDRの初回申請」との関係は、PREFECTUREによって異なるのではないでしょうか。 「4年モノの複数年滞在許可証」を更新した事例はまだ出ていません。2016年11月1日にスタートした新設カードですので、 更新事例がありません。従って、同時にCDRの初回申請をした事例も出ていないのです。複数年滞在許可証の更新ではなく、単年(1年)モノの滞在許可証VISITEUR所持者のCDR初回申請については昨秋の事例があります。パリPREFECTUREでの例です。5年滞在を消化して6年目になるので、電話で「CDRを申請したいのですが」と申し込んだところ、数か月先のRDVが取れました。数日後にメール送信されてきたCONVOCATIONには、出頭日の日時は電話でのRDVの再確認で問題がなかったのですが、             
Objet ; Renouvellement du titre de sejour とあります。「CDRの申請とは書かれていないのですが、大丈夫でしょうか?」となりました。また、同時にメール送信されてきたLISTE DES PIECES A FOURNIR(提出必要リスト)もケース別に列記されていて、これらの中から自分に該当するケースを選んで対応しなさい、ということでした。CDR申請者としては「本当にCDR申請になっているのだろうか?」の疑念が湧いてきたのでした。提出必要リストも大雑把な記載で「自分で考えて用意せよ」ですね。     それでも何とか面接はパスして6か月のRECEPISSEが発行されましたが、それにもCDR申請中の記載はなく、VISITEUR滞在許可証の更新の際と同じRECEPISSEです。但し有効期限が3か月だったのが6か月にはなっていたのですが、、。                 
さて、案ずるより産むは易し、結果オーライでした。CDRが出てメデタシ、メデタシで終わったのですが 「もしかしてVISITEUR滞在許可証の更新にとどまるのでは、、、」の不安は、カードをこの目で見、この手にするまで続いたのでした。                                    
「手持ちのカードの更新」と「CDRの申請」はこのように仕切りがない、区別がない、ということでした。
必要書類についても「長(CDR申請)は短(更新)を兼ねる」で対応したということです。以上はあくまでパリの場合です。 冒頭に「多数年滞在許可証の更新」と「CDRの初回申請」との関係は、PREFECTUREによって異なるのではないでしょうか、としましたが、現時点では、そうお答えするしかありません。

(3)(4)OFII でのCONTRAT D’INTEGRATION REPUBLICAINE(CIR)関連書類は、5年か6年前にフランス入国した際に取得済みでしょう。家探ししてください。今回のCDR申請に当たって、「あらためてやり直しなさい」ではないでしょう。

最後に。「一時期GILET JAUNEの影響で収入が下がったため、収入が不十分と見なされるのではないか」ですが、これについても分かりません。繰り返しますが、4年モノのCARTE DE SEJOUR PLURIANNUELL-SALARIEを更新した事例は未だ出ていないのです。

2020年6月9日 相談室  岡本 宏嗣

付記。2020年6月13日付「CARTE DE SEJOUR PLURIANNUELLE(複数年滞在許可証)の中途年でもCARTE DE RESIDENTの申請が認められます。CESEDA(外国人滞在管理法) R 314-1-3に規定されていました」をお読みください。





コロナ給付金について質問です。

質問。コロナ給付金について
今回のコロナの件での給付金について質問させて頂きます。私は2年半ほど前にフランスに来ましたが、主人の家族の介護等で仕事はしておらず、昨年秋にパリに引っ越して来て仕事を探しておりまし歌が、見つからずauto-entrepreneurの申請もしておりません。このような状態(無職)ですので、今回は給付金を受け取れないと思っていましたが、知人(フランス人)に受け取れるはずだと言われました。ネットで探しても分からなかったのでこちらに相談させて頂きました。この2年半ほど収入は無く、主人の収入で生活しています。仕事はしたいので求職中です。
このような状況でお忙しいところ恐れ入りますが、どうぞよろしくお願い致します。

お答え・見立て。結論からいえば、わかりません。申請はNETのみのようです。前年度の同時期に比較して大幅に減収している場合の援助支給です。質問者Aさんは「auto-entrepreneurの申請もしておりません。」ですから、SIRET番号(職業登録番号)がありません。SIRET番号を持っていて、実際には収入がなかったのでゼロ申告していたのであれば申請が成立するかもしれませんが、SIRET番号欄が空白ではどうでしょうか。また、「求職中」とありますが、POLE EMPLOI(日本のHALLO WORKに相当)に求職登録して番号をもっていなければ、「仕事をさがしているのですが、、、」の主観的希望に過ぎません。当室が知る限りでは、申請サイトは以下の二つです。これとは別にAさんの事情でも申請できるサイトがあるのかどうか知りません。「知人(フランス人)に受け取れるはずだと言われました」とあります。 その知人の方に相談されたたいかがでしょうか。
https://www.urssaf.fr/portail/files/live/sites/urssaf/files/documents/Formulaire_AFE_ACED.pdf
http://www.allier.gouv.fr/IMG/pdf/annexe_3_-_formulaire_de_demande_d_aide_papier_v2.pdf

2020年6月6日 相談室  岡本 宏嗣


プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR