FC2ブログ

現在、離婚手続中です。子どもが一人いますので、フランス国籍者の配偶者ではなく、「フランス国籍の子どもの親」の資格で、、、。

質問。パリ近郊県在住です。フランス人と結婚して滞在許可証VIE PRIVEE ET FAMILIALE(VPF)を取得しましたが、現在、離婚手続中です。子どもが一人いますので、フランス国籍者の配偶者ではなく、「フランス国籍の子どもの親」の資格でVPFの更新(有効期間1年)ができました。この場合、通算3年滞在で10年カードが出るでしょうか。通算5年滞在が必要でしょうか。

お答え・見立て。
確かに滞在許可証VPFに変わりはありませんが、VPRが発行された適用条項が違います。過去の事例から見て通算されないと思います。
①フランス国籍者との婚姻滞在 X年
②フランス国籍の子どもの親滞在 Y年
X年+Y年=3年、という通算年数の計算で10年カードが出ることにはまずならないでしょう。法規定(CESEDA外国人滞在管理法L314-9条)では、
①で3年滞在消化の4年目、②で3年滞在消化の4年目、とされています。
①はCESEDA外国人滞在管理法L314-9条の第3項、②はCESEDA外国人滞在管理法L314-9条の第2項です。
                    *
ここで、今までとは違った事情が生じています。PLURIANNUELLE(複数年・多年)滞在許可証の発行です。
質問者Aさんは、来年の更新ではVPF滞在許可証「2年もの」が出るハズです(CESEDA 外国人滞在管理法L313-18条)。
そして、その「2年もの」を消化すれば10年カードCARTE DE RESIDENTにたどり着くハズです。
「通算5年」規定(同314-8条)は該当しません。結果として「通算5年になった」はあリ得ますが、、。

2018年5月25日 相談室  岡本宏嗣
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR