FC2ブログ

報告です。「PACSを解消してSALARIE滞在身分に変更できるものでしょうか?」に経過報告します。

報告。以前「PACSを解消してSALARIE滞在身分に変更できるものでしょうか?」の質問をしたものです。後日談をご報告し(同じような境遇の方のために)共有したいと思います。

2018年3月27日の滞在身分の変更のRDVがスムーズに済んだ事はご報告した通りです(当ブログ2018年4月3日付参照)。 しかしながら担当者曰く、労働許可の決定権は労働局にあるので結果を待ちましょう、とのことでした。
そして昨日の5月17日、勤務先の社長から、労働局から労働許可の通知がメールで届いたとの報告がありました。
プレフェクチュールからは会社にも私にも何の連絡も無く、滞在許可証の受け取りの連絡などは一切来ておりません。 今後の動向は随時ご報告致します。(ご質問頂いていたTAXの件なども分かり次第お知らせ致します。)
一応は一安心、喜びで一杯です。
当ブログには何度も助けて頂き、弊社社長共々感謝の念に絶えません。ありがとうございました。

<報告にお礼> 報告ありがとうございます。外国人労働管理局(DIRECCTE-MOE)から許可が出たとのこと、よかったですね。次はPREFECTUUREの滞在許可担当セクションからの「滞在許可証」(SALARIE)の入手です。同セクションからの連絡を待っていればよいのか、こちらから動く(RDVを取り付ける)必要があるのか、しっかり確認してください。最近の微分変更の例でこういうことがありました。VIE PRIVEE ET FAMILIALEからの変更ではなく、学生からSALARIEへ変更申請したケース(CHANGEMENT DE STATUT D’ETUDIANT A SALARIE)ですが、滞在身分の変更ということではで同じです。             

外国人労働管理局(DIRECCTE-MOE)から労働許可は下りたものの、PREFECTUUREの 滞在許可担当セクションからの連絡が一向にないので問い合わせたところ、「あなたの手持ちの学生滞在許可証は、まだOか月も有効期限が残っている。Oか月後の更新時にSALARIEの滞在許可証を出します。それまでは、その学生滞在許可証と労働許可(DIRECCTE-MOAのVALIDATION= 認可印が押されている)の双方で、プルタイム(学生の年間上限964時間労働ではなく)で働けます」という対応でした。                          
2016年11月から(実質的には2017年から)滞在許可関連の実務処理の流れが変わったようです。幸い、勤務先の社長が熱心のようなので、二人三脚で手堅く勧めてください。   引き続きの報告、首を長くしてお待ちしています。 

2018年5月20日  相談室  岡本宏嗣
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR