ネットで予約した学生滞在許可証の更新RDVでは4か月の空白が、、、。 

質問。
ネット予約した学生滞在許可証更新RDVの日付についてです。
パリ在住で、M2とL3のdouble cursusをしています。2018年2月末に現在の滞在許可証の期限が切れるため、昨日(2018年1月3日)PréfectureのサイトでRDVを取ろうと試みました。ところが、選択肢に表示される日付が6月中旬以降しかなく、滞在許可証の有効期限から4か月近く空いてしまうことになります。
昨年までの更新では有効期限以内の日付が選択できたのですが、今年は何か状況や方針に変更があったのでしょうか?
また、有効な滞在許可証の無い4か月間、現在のアルバイト(CDI, temps partiel)は継続できるのでしょうか?
今回からパリの学生ビザ更新手続きの窓口もCité universitaireに変更になったようですが、そのことは関係があるのでしょうか…。


お答え・見立て。
2016年秋の法改定により、2017年度からCARTE DE SEJOUR PLURIANNUELLE(複数年もの滞在許可証)が発行されています。 大学教程(同等教育機関の教程含む)の在籍学生には以前から部分的に発行されていましたが、一般化したのは2017年度からでしょう。複数年もの(上限3年)を出すことから更新に多少の遅れや空白があっても、支障はないということでしょう。

(1)Cité universitaireの窓口に直接訪れて、期限内RDVを申し込んでみる。

(2)不可とされた場合は、2月下旬に「2月28日以降、RDV日までのRECEPISSE(仮滞在許可証票)の発行を申し込む。アルバイト先が滞在許可証の空白期間中の雇用が違法にならないだろうかと心配していることを強調して粘りましょう。

(3)それも不可とされた場合(構わない、構わない、アルバイト労働にも問題はない、といった対応でRECEPISSE(仮滞在許可証票)も出ない場合)は、空白期間はCONVOCATIONを携えておくしかありません。
「有効な滞在許可証の無い4か月間、現在のアルバイト(CDI, temps partiel)は継続できるのでしょうか?」ですが、RECEPISSE(仮滞在許可証票)が出ればトラブルはありません。
出ない場合は、アルバイト先の判断になりましょう。外国人学生の雇用に慣れている雇用者は「この国では、許可証は後から出てくる」をわきまえているものです。外国人を雇用するのは初経験の雇用者は慎重ですから「しばらく休んでもらいます」になる不運が時折あります。
いずれにしても(1)もしくは(2)で収めたいですね。

2018年1月4日 相談室  担当 岡本宏嗣
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR