FC2ブログ

2008年に10年カードを取得。その後、フランス人と結婚しましたが離婚しました。10年カードの更新を控えているのですが、、、。

質問。パリ在住、2008年に10年カードを取得しました。その後、2010年にフランス人と結婚しましたが、2013年に離婚しました。子どもはいません。再婚もしていません。2018年に10年カードの更新を控えています。この10年間に結婚、離婚した場合、どういう扱いになるのでしょうか。PREFECTUREに問い合わせたところ、何の変更もないようなことでしたが、はっきりしません。規定があるのでしょうか。

お答え・見立て。
「更新はどうなるのでしょうか」が「更新ができるか・できないか」という意味であれば、更新は確実にできましょう。質問者Aさんはフランス国籍者との婚姻で10年カード=CARTE DE RESIDENT/CDRを取得したわけではないからです。文面からは「10年カード取得後にフランス人と結婚」と読めますので。MARIAGE BLANC(偽装結婚)、MARIAGE GRIS(結婚詐欺)の嫌疑外です。2008年に取得とあります。SALARIE(E)滞在からCDRを取得されたと推測します。

次にETAT -CIVILのことです。この10年間にETAT -CIVILに変更があった場合は、更新の際にETAT-CIVILを提出する規定があります。CDR取得時はCELIBATAIRE(独身)であったが、その後結婚したのであれば、ACTE DE MARIAGE(婚姻証明)の提出です。CDR取得時はMARIE(E)(既婚)であったのが、その後、離婚したのであればACTE DE DIVORCE(離婚証明)あるいはJUGEMENT DE DIVORCE(離婚裁判証書)の提出です。その他に、死別、別居(SEPARATION)などがあります。Aさんは、この10年間にMARIE(E),次いでDIVORCE(E)になっていますが、CDR取得時がCELIBATAIRE(独身)であったので、そのままでよい、ともいえます。
「何の変更もないようなことでしたが、はっきりしません」はここらあたりのことで、アイマイな対応になりそうです。
CELIBATAIRE(独身者)とDIVORCE(E)(離婚者)はCODE CIVIL(民法)ではETAT -CIVILが異なりますが、CESEDA(外国人滞在管理法)ではその違いをうるさく問わないことがありそうです。統計数字上での意味はあるのかも知れませんが。
とはいえ、念のため、JUGEMENT DE DIVORCE(離婚裁判証書)とLIVRET DE FAMILLE(家族手帳)を用意されたらいかがでしょうか。

ちなみに、現在発行されているCDRにはCELIBATAIRE(独身者)、DIVORCE(E) (離婚者)、VEUF(VE)(死別者)の記載は無くなっているようです。              
既婚の外国人(ここでは日本人)女性の場合のみ、
NOM(本姓)YAMADA  EPOU(結婚姓)MACRON
PRENOM HANAKO

となるようです。

2017年12月21日 相談室  岡本 宏嗣
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR