FC2ブログ

初回のSALARIE更新(その2)

質問。
SALARIEです。初回の滞在許可の更新時には勤務先を変えない方がよい、とのことですが
(1)勤務先の経営状態によっては転職理由になり得るということは、転職した場合更新申請時にどのような理由で転職をしたかを聞かれるということでしょうか。
(2)また会社の理不尽な待遇を理由にすることは伏せて、自分の意志で転職するとして、単純に新しい職場での給与が上がっていれば初回のサラリエの滞在許可更新ができるということでしょうか。
お答え。
(1)勤務先A社の経営状態の不振による経済解雇ということです。この場合、A社は「経済解雇」である証明書を解雇者に出せねばなりません。
更新時には、A社からの在勤証明書(2011年*月*日から**月**日まで勤務していたことの証明書)と経済解雇書、そして転勤先B社の在勤証明書(**月**日から当B社に勤務していることの)を提出します。口頭で聞かれるということではなく証明書の提出です。
また、経済解雇では、解雇者の再就職先が決まっていない場合、失業手当の対象になりますので、失業保険局に提出する諸書類も出さねばなりません。
(2)A社からの在勤証明書(2011年*月*日から**月**日まで勤務していたことの証明書)、そして転勤先B社の在勤証明書(**月**日から当B社に勤務していることの)を提出します。また、A社での最終勤務月の給与明細書と転勤先B社での給与明細書を提出します。これによって労働条件がアップしていることがわかります。
但し、労働許可をA社で申請取得したにもかかわらず、1年未満でA社を辞めB社に移った場合、審査局がA社に「なぜ辞めたのか」を問い合わせすることがあり得ます。問い合わせないこともあり得ます。A社が問い合わせに回答しなかったり、回答が大幅に遅れたり、質問者に不利な回答をしたり、、、、。つまり更新が手間取るリスクがあるわけです。運不運もあるでしょう。前便で初回更新は規格性、単純性をもってよしとする、とした理由がここにあります。

2011年11月18日  在フランス日本人会  滞在相談室 岡本宏嗣



スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR