FC2ブログ

APS(AUTORISATION PROVISOIRE DE SEJOUR)の申請が却下されたのですが、、。

質問。先日学生からAPSの申請中の件について質問した者です。今週プリフェクチュールに出向いて進行状況を尋ねたところ、申請は却下されたとの事でした。却下理由は何となく納得のいったものだったので、これは受け入れます。
その上で2点質問があります。
1.  前回の質問にも書いたのですが、APSの申請中、学生滞在許可証が切れた状態で数日サラリエとして働いてしまいました。この場合、APS却下を受けてどの様に対処したら良いのでしょうか。
2. 既に学生滞在許可証は期限切れの状態ですが、PLへのchangement de statutを申し出る事は可能なのでしょうか。滞在許可書が期限切れなのでプリフェクチュールでAPS申請却下の証明が欲しい、と訴えたところ、学生滞在許可証の更新のRV(5月)のconvocationを出してくれました。恐らくこれが現在の滞在を保証してくれると思うのですが...。担当者には、RVの日までに、もしCDIの契約を貰えればここに出向いて申請できる、と言われましたが、実際はどうかわかりません。
込み入った質問で恐縮ですが、何かアドバイスを頂けたら幸いです。

お答え・見立て。                               

MASTERのDIPLOME取得者でAPS申請が却下されたケースは、当室では初めてです。 「却下理由は何となく納得のいったものだった」とありますから、この点は深追いしないで おきましょう。

1.数日働いた後に、あわててストップしたのであれば、BONNE FOI(誠実)の範囲ではないでしょうか。数日のフライングでトラブルが発生するとは思いません。何か特別の事情があるのでしょうか。過去に、年間上限964時間労働をオーバーして注意を受けたことがある、それが記録として残っているので前科あり、再犯になってしまう、とか。「どの様に対処したらよいのでしょうか」ですが、手続きとしては何もないでしょう。何らかの局面でそれを指摘されたら「うっかりしていました。すぐストップしました。ゴメンナサイ」しかないでしょう。

2.「PLへのchangement de statutを申し出る事は可能なのでしょうか」ですが、トライしてみるしかありません。こうした変則型に可・不可の規定はないでしょう。「学生滞在許可証の更新のRV(5月)をもらっていますが、学生滞在許可証の更新ではなくPLに変更したいのでRVをとり直したい」とかけあってみたらいかがでしょうか。同時にPLにchangement de statutする場合の要件もよく調べて行動してください。

2017年10月28日  滞在相談室  岡本宏嗣
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR