パリ在住、Master取得後APSを申請中の者です。パリでのAPSの申請方法が最近変更になり、直接出向くのではなく書類を郵送で送る方式になったようで、、、、、

質問。パリ在住、Master取得後APSを申請中の者です。パリでのAPSの申請方法が最近変更になり、直接出向くのではなく書類を郵送で送る方式になったようで、慌てて書留にて送付した次第です。既に学生の滞在許可書の期限は切れており、手元にあるのは書留のAvis de réceptionだけで、これを受け取ってから3週間経ちますが未だ何の連絡もありません。これを普通とみるのか初めての事なのでわかりませんが...。

そこで質問です。実は滞在許可証が切れている状態で数日サラリエとして働いてしまいました。(避けるべきだったのですが、方法が変更になった数日後に仕事、代わりを探す時間がなかった為、やむを得ず)もし申請が却下された場合、やはり雇用側を巻き込んで大きな問題となってくるでしょうか。

お答え・見立て。
学生滞在許可証は、9・10・11月が混雑のピークですから、郵送方式での申請で「3週間経って音沙汰なし」は「普通」でしょう。とはいえ、滞在許可証の期限が切れている状態では、不便でしょう。精神衛生上もよろしくありません。MASTER取得後のAPS(AUTORISATION PROVISOIRE DE SEJOUR)申請が却下された事例を知りません。ほぼ自動的にAPSが発行されています。自信を持って窓口に赴いて、訴えてみたらいかがでしょうか。無駄足は覚悟で動いてみることです。「あと何日くらい待てばよいか」の進行状況はつかめるかもしれません。MASTER 取得後のAPS申請途上にあるのですから、文面の後半にある「雇用側を巻き込んで大きな問題となってくる」こともないでしょう。


2017年10月20日  相談室  岡本宏嗣       
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR