滞在許可証手続きでACTE DE NAISSANCEの提出を求められていますが、発行日の期限が記されていないのですが、、、。

質問。
滞在許可証手続きでACTE DE NAISSANCEの提出を求められていますが、発行日の期限が記されていません。知人は以前は6か月以内と記されていたといいますが、はっきりしません。期限がある場合、提出日にはとりあえず古いものを提出し、後日に差し替えることは可能でしょうか。そうした例は過去にありますか。

お答え・見立て。
発行日期限の問題は、以前にも、このブログで記したかもしれません。整理が悪いので(=ブログを自在に使いこなせないので)、201*年*月*日付ブログに記しています、ができません。「このブログで記した」は記憶違いかもしれません。
                ****
行政手続の簡素化(SIMPLIFICATION DE FORMALITES ADMINISTATIVES)で、ACTE DE NAISSANCE(出生証明)などETAT-CIVIL(未婚、既婚、離別、死別、家族構成など身分事項)証明の発行期限が廃止されています。但し、提出を請求する側が、期限を設けている場合は除く、とされています。
例えば、MAIRIE(市役所)での婚姻手続きに提出するETAT-CIVILには、発行日制限がありましょう。身分事項に異動があり得るからです。
質問者の場合は発行期限が記されていないので、1-2年前の発行ものであればトラブルなくパスするのではないでしょうか。
もちろん、日本人の場合は身分事項の全てが戸籍謄抄本に一本化されていますので、戸籍謄抄本からのフランス書式のETAT-CIVILへの法定翻訳になります。戸籍謄抄本の発行日が
が問われることになりましょう。「1-2年前の発行のもの」の1-2年前は「戸籍謄抄本の発行日」のことになります。
                             ****
次に「後日に差し替えることは可能か」です。これは「書類不足」「書類不備」扱いになりましょう。パリPREFECTURE DE POLICEの場合、3か月後のRDV(再出頭の日時)が与えられ、その際に提出せよ、になるのが通例です。
「書類不足」に触れておきます。必要提出書類リスト(PIECES A FOURNIR)に記載がない書類も請求し得る、とされていますので用心しましょう。「常識で考えれば当然用意しておくべきです」という姿勢です。その逆に、記載があるのに「その書類は不要です」と関心を示さないことも時折(しばしばといった方がよいかもしれません)あるようです。

必要提出書類リスト(PIECES A FOURNIR)に記載がないにもかかわらず、、、、で印象的な報告があります。パリではなく地方都市のPREFECTUREでのことです。
必要提出書類リスト(PIECES A FOURNIR)にはLETTRE DE MOTIVATIONが記載されていなかったのですが、「今、ここで書きなさい」といわれました。そうしたこともあり得ると踏んで、用意しておいたので難局は乗り切れましたが、、、、の報告でした。

2017年8月31日  相談室  岡本宏嗣
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは。
私も許可証の更新の際に2014年発行の戸籍と法廷翻訳のコピーを毎年出していますが、何もいわれたことはありません。(今年もそれで大丈夫でした。)
戸籍や出生場所が年によって変わるはずがないので、使い回していいものだと思っていました。
問題があれば、プレフェクチュールから連絡があるので、大丈夫だと思います。
参考までに。
プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR