FC2ブログ

2017年6月13日付「サラリエへの変更をして約4か月経過しますが何の音沙汰もありませんが、、、。」に体験報告します。

体験報告、ありがとうございます。よく整理されていますので、原文のまま全文を掲載させていただきします。

                             *

私は、現在パリに在住しており、小さな仏企業でCDIとして働いています。
私も質問者の方と同じような経験をしましたのでご参考までに下記コメントいたします。
質問者の方と異なる点 : Titre de séjour "salarié" を得たのは、Val-de-Marne県でのことです

(1)学生からCDIへのChangement de statut申請は、2015年の9月末のことでした。その後、待てど暮らせど音沙汰はなく、これが世に言うフランス式かと呑気に考えておりましたが、質問者の方と同じように滞在許可証(学生)の期限の問題もあり、2016年の1月末に管轄であるPréfecture du Val-de-Marneへ確認のため赴きました。その際に言われたのは、書類はDIRECCTE-MOE(Val-de-Marne)へ転送済みであり、管轄外となるため詳細は伝えかねるが、Changement de statutからのTitre de séjour発行には時間がかかることもあり、とにかく待つべしとのことでした。また、発行を待つ間は、Recepisséをもって仮の滞在許可証とするため、その申請をするようにとも言われました。

(2)2016年の5月頃であったと記憶しています。痺れを切らせて再度Préfectureを訪ねたところ、今後の詳しいことはDIRECCTE-MOEへ直接確認すべしと言われました。日を改めてDIRECCTE-MOEへ向かったところ書類はまだ届いていないということでした。そこで、また日を改めてPréfectureへ赴いたところ、時期を鑑みるに通常であれば既に転送済みのはずで当局らの関知するところではない旨伝えられました。

(3)仕事が繁忙期であったこともあり若干の日を置いて、DIRECCTE-MOEへ向かったところ書類は紛失した模様との説明がありました。しかし、やすやすと承服できるはずもなく、なんとか頼み込んでもう一度パソコン上で検索してもらったところ、なにがしかのエラー(担当者が私の氏名を打ち間違えただけ)で書類の所在が不明になっていただけで本来は手元にあるはずであり、遠からず私と会社宛に書面が届くのでそれを待つようにと言われました。

(4)2016年11月、一向に埒があかず、また時間的にも金銭的にも限界が近づいていたため、Titre de séjour取得への最後の行動としてDIRECCTE-MOEへ足を運びました(ちなみに、それまで何度かメールを送っていますが、返答はあれどまるで要領を得ないものばかりで用をなしませんでした)。そこで、幾つかの確認作業ののちにいつもとは違う部屋へ通され以下の事情が判明しました。

- Préfectureからの書類の転送はすぐに行われており、2015年11月にDIRECCTE-MOEから私の勤める会社宛に不備の書類の補充を求める手紙を郵送済みであった
- ところが、受取人不在で手紙が戻ってきており宙に浮いた状態となっている(もちろん、私への通知は一切なし)
- 担当者の説明に疑問を覚えたため、手紙の宛先を確認させてもらったところ現在の会社所在地とは違う住所が記載されていた
- 実は、この会社は設立当初にDomiciliéとして登録されており、その住所がすべての公的な書類上に記載されている。これは、私も書類の提出時に認識しており懸念を覚えたため社長へ確認したが、該当住所には常にgardienがいてよい関係を保っており、これまでなんら問題が起きていないため今回も問題ないはずであると説明を受けていたことを思い出す
- その場で、担当者へ事情を説明をして会社の現住所宛で手紙の再発行をしてくれるよう依頼した

(5)2016年11月にDIRECCTE-MOEからの手紙が会社に届き、必要とされた書類を提出し返答を待っていたところ、2016年12月のクリスマス前日にTitre de séjour発行拒否の通知が私と会社へ届きました。

(6)会社曰くDIRECCTE-MOEが書類の一部を勘違いしていることが明白なため、すぐに再審理の申し立てを行いました。その後、2017年の1月中旬にTitre de séjourの発給を告げる通知が私と会社の双方に届き、2017年の3月末になんとかカードを受領した次第です。

(補足)
- およそ1年半に及ぶ期間を無駄に過ごしたわけですが、結局のところ、会社はなにもしてくれませんでした。
- これは、パリに当てはまらないかもしれませんが、当該期間はRecepisséの更新でなんとか繋ぎました。Recepisséは、少なくとも4回は更新した記憶があります。確か5回目の更新願いを出した頃にTitre de séjourを受け取ったと記憶しています。Préfecture du Val-de-Marneは、必要書類さえ郵送すればrecepisséを発行してくれたので助かりました。また、パリとは違い、足を運ぶなりメールを送るなりすれば、内容はさておき、その都度答えてくれたのも大変有り難かったです。
- (4)の担当者のデスクで見知ったことですが、私以外にもたくさんの申請者が受取人不在等の理由で申請が止まっていました。いくつもの封書の束を見せられたことを覚えています。なお、DIRECCTE-MOE(Val-de-Marne)での複数の担当者とのやり取りを経る過程で虚言妄言暴言が多分にありましたがこれはご想像に容易いでしょうから省きます。

最後に、質問者の方が吉報を得ていることを願ってやみませんが、場合によっては上記のようなケースも起こり得るということをお伝えして終わります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR