研修生ビザについてです

研修生ビザについてです。
今、社会人の研修生ビザでパリに滞在しています。受け入れ先A社からはお手伝い賃はもらっていますが 、時間があるのでアルバイトをしたいと思ってます。
一度、アルバイト候補先B社で面接が ありましたが、外国人研修生ビザで雇用したことがないといいます。A社との研修協定書の冒頭にはサラリエは不可と書いてあったらしいのです。
B社はこのビザで労働可能なら働いて欲しいようですが、このビザでB社で労働可能なのでしょうか。

お答え・見立て。
質問者Xさんは「社会人の研修生ビザ」で受け入れ先A社で研修をしています。A社との研修協定書(CONVENTION DE STAGE)に基づいて「A社での社会人の研修生ビザ」が出ている、とお考えください。「A社との研修協定書の冒頭にはサラリエは不可と書いてあったらしいので、A社からはサラリーではなく、お手伝い賃をもらっています」でツジツマがあいます。お手伝い賃をGRATIFICATIONといいます。つまりA社での研修では「サラリエとして働くことは不可ですよ」「研修生としてのお手伝い賃(GRATIFICATION)払いですよ」ということです。
X,さんの「社会人の研修生ビザ」は、A社での研修に限られています。B社でのアルバイト労働は許可の対象外でしょう。

2017年6月13日  滞在相談室  岡本宏嗣

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR