FC2ブログ

フランス人と結婚し滞在許可証を申請しましたが、1年近く待たされて600ユーロも、、,,

質問。フランス人と結婚し滞在許可証を申請しましたが、PREFECTUREに何度も足を運び、発行される
までに1年近くかかりました。また、発行手数料を600ユーロも払わされました。事務処理上の
間違いでしょうか。MARIAGE BLANC(ペーパー婚、偽装婚)と疑われたのでしょうか。配偶者も私も
納得がいきません。

お答え・見立て。
マクロンさんではありませんが、年齢差が大きいとMARIAGE BLANC(ペーパー婚、偽装婚)と疑わ
れることはあるかもしれません。マクロンさんカップルほどの年齢差はないものとします。
さて、この質問文面だけからは資料不足で断定できませんが、勝手に推定してみます。
滞在許可証の発行までに1年近く所要したこと、発行手数料を600ユーロも払わされたこと、この
事情はある程度推測できます。CESEDA(外国人滞在管理法)上での組み立てが可能です。
(1)質問者Aさんは、パスポートだけで渡仏して、この地フランスのMAIRIE(市役所)でフランス国
籍者と結婚した。そして、日本に一時帰国してVISAを取得して出直すのではなく、そのままフラン
スに滞在し続けて滞在許可証の申請をした。こういうストーリーではないでしょうか。
この場合は、CESEDA L.211-2-1条が適用されると「結婚成立から6か月の共同生活の立証が必
要になります。「6か月間待ちなさい」ということです。パスポートだけでのフランス滞在は3か月上
限ですが、これは考慮外とされます。親切な窓口であればRECEPISSE(仮滞在許可票)が発行さ
れましょうが、まあ、発行されないことが多いでしょう。6か月後にカップルでPREFECTUREに出頭
することになりますが、出頭日の予約が7か月後-9、10か月後になることもありそうです。文面に
ある「発行までに1年近くかかりました」がこれでしょう。

(2)質問者Aさんは、パスポートだけで渡仏。VISAを取得して再渡仏していません。この場合は、
VISA DE REGULARISATION(イレギュラーで入国したので、現地で正常化VISAを取得)が340ユ
ーロが徴収されます。
1er titre de séjour :Droit de visa de régularisation : 340 €
dont 50 € à acquitter lors de la demande de titre de séjour, applicable préalablement à la délivrance d’un 1er titre de séjour lorsque l’étranger est entré ou séjourne irrégulièrement ou ne dispose pas du visa requis. Applicable à toutes les nationalités.

340ユーロのVISA DE REGULARISATIONとは別個に通常の発行料269ユーロが加算されますと、合わせて600ユーロ見当に。なりましょう。

こんなストーリの組み立てになりますが、いかがでしょうか。

2017年6月8日  滞在相談室  担当  岡本宏嗣

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR