FC2ブログ

ビジタービザ、滞在許可証の更新時の書類について

質問。ビジタービザで2016年5月からパリに滞在しています。滞在許可証更新時の必要書類についての質問です。
(1)現住所証明 極近の電気、あるいはガスのFACTURE
とありますが、請求書は家主の名前できており、家主に私から支払う形だったのですが、その場合どのような書類を提出すれば現住所証明ができますでしょうか?家賃の領収書、賃貸契約書などでも証明書と認められた事例は過去にありますか?
(2)所得申告証明(AVIS D'IMPOSITION)
2016年5月から滞在しており、まだフランスでの住民税・所得税の支払いはしておりません。その場合は日本の納税証明書(翻訳)を提出すればいいのでしょうか?

お答え・見立て。更新に必要な書類は、
(A)滞在身分に関係なく必要とされる共通書類(CAS GENERAL/DOCUMENTS COMMUNS)    
滞在身分がETUDIANT、SALARIE、 VISITEUR、、、、、何であれ、必要とされる基本的書類です。上記(1)は、ここに属します。                               
(B)滞在身分別に必要な書類(CAS PARTICULIER/DOCUMENTS SPECIFIQUES)          
その滞在身分に必要な「滞在身分別」の書類です。上記(2)は、ここに属します。

まず上記(1)です。質問者のケースは共通書類CAS GENERAL/DOCUMENTS COMUNS)に記載されています。①家主宛てになっているEDF― FACTURE ②家主の身分証明証(のコピー)③質問者がそのアドレスに住んでいる旨の家主による一筆。この3点が通常です。                 

次に上記(2)です。2016年5月からの滞在ですから所得申告時期(2016年5月中旬)と折り合いません。また、TAXE D’HABITATION(住居税)は2016年1月1日付けで住んでいる居住物件に発生します。いずれも提出できなくて当然でしょう。日本の納税証明(翻訳)は任意書類でしょう。パリPREFECTURE DE POLICE は「必要ありません」で受け取らないのがこれまでの通例です。むしろDECLARATION SUR L’HONNEUR(2016年5月からの滞在なので、所得申告していません、の自己宣言)の提出のほうが意味があるかもしれません。

以上は、今回の更新についてです。今後については、質問者の今後の滞在プランとも関係し、入り組んだ説明になりますので、ここでは扱えません。当相談室(予約制)をご利用ください。予約はTEL 01 4723 3358です。

また、毎年、5月の所得申告時期に当室主宰で「所得申告説明会」を開催しています。 2016年度(2015年1-12月の収入申告)は、申告締め切りが2016年5月18日、説明会を同年5月7日に開催しています。2017年度(2016年1月ー12月の収入申告)もほぼ同様のスケジュールで開催予定です。

2016年12月27日 滞在相談室  担当  岡本宏嗣
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Carte de résidence de longue durée

先日の更新でcarte de résidence de longue durée というものになりました。
De longue durée というのは初めてみました。

これはどういうカードになるんですか?
普通のcarte de résidence と何か違うのですか?
プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR