FC2ブログ

家族呼び寄せ手続きにおいての申請者の収入数字について

質問。来年度、呼び寄せる可能性が出てきたので質問させていただきます。
呼び寄せに当たって、審査されるのが申請者の収入(smic以上)と住居の広さだと聞いていますが、このsmic以上というのが年収でいくらになるかを教えていただきたいです。
というのも、当方Micro BNCのフリーランスです。今年は25000ユーロを超える予定です(34%の経費を含めたBRUTです)。
brutだと、smic年収(17600ユーロだそうです)は超えますが、経費を差し引くと実質収入は16500ユーロですので、smicは超えません。
年収25000ユーロ程度で申請をした場合、却下されるかどうかが知りたいです。 それによっては今年の仕事をどうするか考えたいと思います。

お答え・見立て。
(1)SMIC(Salaire minimum interprofessionnel de croissance)は、法定ミニマム時間給、1時間当たりの最低賃金給与です。
SALAIRES(サラリー)の規定です。現行は、9.67ユーロ/h。これを月額、年額に換算しますと、
月額(週35時間労働として)1466.62ユーロ  年間17600ユーロと規定されています。   
いずれもBRUTの数字です。給与収入にあっては、BRUT数字が採用されましょう。例えば、NET(手取り実額)数字を見てしまうと、会社の福利厚生の事情よって、あるいは当人の事情によってバラツキが出てしまうのではないでしょうか。

(2)家族呼び寄せ(REGROUPEMENT FAMILIAL)/RF)の法文では、ce montant qui doit être au moins égal au salaire minimum de croissance mensuel(少なくとも月額SMIC相当の収入数字)と規定されているだけです。それ以上のことは記されていません。これは、とりもなおさず、呼び寄せ申請者(DEMANDEUR)が給与収入者であることが前提になっているということでしょう。その点で、PROFESSION LIBERALE(PL)収入は傍系になりそうです。

(3)RF申請でのPL収入審査に質問者Aさんが指摘するような緻密性があるかどうか、です。MICRO-BNC(自動的に34%の職業経費が控除される方式)とかFRAIS REEL(経費の実費額が控除される方式)とかは職業収入を申告する際の選択です。RF審査者にその知識がないこともあり得ます。確かなことは「少なくとも年間SMIC(17600ユーロ)相当の収入」という大枠があることだけではないでしょうか。

(4)他の条件との兼ね合いもあるかも知れません。                         
住居面積が規定ギリギリである。それに加えて、職業収入も明瞭に年間SMIC数字を越えているとはいいがたい、と判定されれば却下もありそうです。
また、RF申請の時期が外国人対策の制限期にあるか、緩和・寛大期にあるかも影響しそうです。一人でも減らせ、の制限期での申請は、審査も厳格になりがちです。収入数字の解釈に上下幅がある場合、少ない方の数字、下方の数字が採用されてしまう、とかのことです。

ここは、老婆心ながら、下方数字が明瞭に年額SMICを越えている安全確実策をお勧めしておきます。

2016年11月7日 滞在相談室 担当  岡本宏嗣
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR