FC2ブログ

VIE PRIVEE ET FAMILIALE滞在許可証の取得について

質問。学生滞在が7年目を終わろうとしています。2015年11月に仏国籍者とPACSしたので、2016年10月に VPF滞在に変更する手続きのRDVを取りました。提出書類リストに
(1)Tous documents attestant d'une communaute de vie effective(avis d'imposition commune, facture de EDF avec 2 noms, attestation jointe a la carte vitale, releves bancaires ou postauc communs, etc...)
(2)Tout document justifiant d'une vie privee et familiale etablie en Franceとあります。

(1)について、連名の書類としては、EDFの連名請求書と共同で申告したavis d'imposition、市役所に届けたdecralation de vie communeしかありません。今の所、銀行口座とcarte vitale は別々です。私の書類の住所は全て彼の住所なのですが、上記以外は連名ではありません。書類としては不足でしょうか。
(2)について、具体的に何を指していますか?
パートナーとの同居期間は5年超になりますが、私は仕事もしているので職場でのcarte vitaleとmutuelleがあったので、彼の扶養には入りませんでした。生活費の負担を決めて、それぞれ自分の銀行口座から捻出しているので、共同口座はまだ作っていません。

お答え・見立て。(1)、(2)とあります。(3)、(4)があるのでしょうか。全体が見えないので、抜き書き部分だけ((としたら)では つかみにくいところがありますが、、、、、。例えば、PACSの場合、フランス国籍者のパートナーが同伴して、「確かに共同生活をしています」の旨のDECLARATION に署名するとかが、があります。よく見えないところはありますが、過去の事例から推測します。                                                   
(1)共同生活立証の書類としてはパスするのではないでしょうか。AVIS D’IMPOSITIONが連名であることは説得性が高い、と見ます。

(2)これがつかみにくい。推測です。(3)(4)に記載がなければ、質問者の場合はPACS証明(3か月以内の)ではないでしょうか。VIE PRIVEE ET FAMILIALEの発行は、CESEDA(外国人滞在管理法)L313-11に規定があって、11項目あります。つまり、L313-11-1°からL313-11-11°まであります。その内のL313-11-7°は「FORTE LIEN(強結び付きにある家族・人間関係)場合です。この「 7°」はPACSだけではありません。CONCUBINAGE(同居)もあります。孤独な生活をしている老人の介護で発行された例もあります。「あなたの場合のFORTE LIENは何ですか。それを証明しなさい」ということではないでしょうか。文面に同居期間は5年、とあります。これはFORTE LIENではないでしょうか。PACS証明に加えて5年間の共同生活を証明するものがあれば強い、と見ます。

2016年6月24日  滞在相談室  担当  岡本宏嗣
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR