FC2ブログ

サラリエの滞在身分で、副業はだめなのでしょうか?

質問。 現在サラリエの身分で、現在CDIでレストランで働いています。料理人です。
他の食品コンサルタント会社から、料理を考える仕事を依頼されました。
ファクチュールと一緒に報酬を頂けるそうです。現金だけではもらえないそうです。
この場合、更新の際や、税金関係の際に問題がありますか? 副業はだめなのでしょうか?
お答え・見立て。質問者Aさんは、B社(レストラン)でCDIで働くことに対して労働許可がおりていて、SALARIE滞在身分の滞在許可証が発行されています。B社とのCONTRAT DE TRAVAIL(労働契約)に限定されていますので、C社(食品コンサルタント会社)での仕事で収入を得ることはSALAIRE(給与)であれHONORAIRE(FACTUREを発行)であれ、不都合でしょう。それが出来るのは、外国人の場合、VIE PRIVEE ET FAMILIALE、COMPETENCES ET TALENTS、 CARTE DE RESIDENTの所持者です。SALARIE滞在身分では不都合です。「ファクチュールと一緒に報酬を頂けるそうです」とあります。AさんがFACTUREを出すということは、C社が非給与(NON-SALAIRE= HONORAIRE)人件費として処理するということでしょう。FACTUREを出すのはAさんであって、C社は「こういうFACTUREであれば会計処理に支障がない」ということで代行で作成していること、FACTUREはあくまでもAさん名義であることをお忘れなく。                                                       

ところで、C社は1月―12月の1年間の給与・非給与人件費をNOMINATIVE(名前、住所SECU番号など明記)でURSSAF(社会保障負担金徴収公庫)、税務局に、翌年Ⅰ月31日締切りで申告する義務があります。これをDADS(DECLARATION ANNUELLE DE DONNEES SOCIALES)といいます(現在、ANNUELLE(年間)ではなく毎月(MENSUELLE)・インターネット申告方式に移行中ですが)。こういう舞台裏がありますので、SECU系、税務系にも影響してきましょう。SALARIE滞在許可証の更新の際にAVIS D’IMPOTを提示したところ「このAVIS D’IMPOTを見ると、あなたは(B社での)SALAIRES収入以外に職業収入があることになっていますが、どういうことでしょうか」になりかねません。

2016年3月20日  滞在相談室  岡本宏嗣
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR