FC2ブログ

渡仏予定のフリーランスのライターです。申請・取得すべきはビジター・ビザ?コンペタンス・エ・タラン・ビザ?、それともプロフェショナルリベラル・ビザ?

質問。 渡仏を検討しているフリーランスのライターです。日本の雑誌、ウェブ等にフランスで取材したものやコラムを執筆して活動する予定です。フランス滞在中の収入は全て円となり、ユーロでの収入はない場合、長期ビジタービザの条件には該当しますでしょうか? もしくは、コンペタンス・エ・タラン、プロフェショナルリベラルなど収入がどの通貨にしろ、フリーランスに与えられるビザを申請すべきなのでしょうか?
お答え・見立て。                                                           
(1)(a)VISAを発行するのは在日フランス大使館(総領事館)です。(b)渡仏後、(b)で取得してきたVISAを提示して滞在許可証(TITRE DE SEJOUR)を発行するのは居住地(県)の県庁PREFECTURE(あるいはそれに準ずる窓口)です。当室がカヴァーできるのは(b)です。(a)については在日フランス大使館(総領事館)に問い合わせていただきます。                                                             
(2)過去の事例はあります。質問文面にある「フランス滞在中の収入は全て円」となるフリーランス・ライターの方々の場合です。当室の相談者に限っていえば、VISITEUR VISA を取得して渡仏し、フランスでは、滞在身分VISITEURの滞在許可証が発行されています。                                              

(3)PROFESSION LIBERALE(PL)についてです。日本でVISITEUR VISAを取得。この地フランスでVISITEURの滞在許可証(1年ごとの更新)が発行され、毎年更新をして数年目にPLに滞在身分を切り替えたケースはあります。この場合は、文面にあるような職種ではなく、類似の別の職種で登録してVISITEUR滞在からPL滞在に変えています。ここでいう登録とは、フランスの複雑な「職種と社会保障」制度に関係」してきますので、日本からは全く見えない、想像も推測もつかない領域といえましょう。ここでは、PL VISAを取得して来たとしても、フランスに来てから迷路に入るリスクあり、とだけにしておきます。                                                  
(4)COMPETENCES ET TALENTS(C&T) VISA 「フランス滞在中の収入は全て円となるフリーランス・ライター」ということで、C&T VISAを取得して来た事例は、当室の相談者に限っていえば記憶にありません。このVISAには3年間有効の「C&T滞在許可証」が発行されます。PL滞在は1年ごとにチェックがありますが、こちらは3年間は自由に滞在・労働・職業活動が出来ます。3年間の途中でのチェックはありません。
「どのVISAを申請すべきですか」ではなく「このVISAを取ってきた場合はこうなりますよ」がお答え・見立てになります。

2016年2月18日  滞在相談室  岡本宏嗣
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

この記事の(2)のケースのVisiteurとなった場合、納税はどうなるのでしょうか?
日本からの報酬支払であっても、日本に半年以上の居住がない場合、非居住者との扱いになり、源泉徴収も確定申告もできないというのが日本法律です。
そうすると、フランスで納税することになると思うのですが、基本ビジタービザは「フランスで働かない」ことを前提としているため、そこの部分が矛盾しそうに思います。
プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR