FC2ブログ

滞在5年になりますが、子育て、老後の事が、、、、、、、、

質問。パリ近郊在住30代夫婦、子どもはいません。
二人合わせての収入は少ない時で3100ユーロ、多いときで3500ユーロ程で、ボーナスは年に2000ユーロです。貯金は最低毎月1000ユーロするようにし、現在貯蓄額は40000ユーロ程です。
今後収入が大幅にアップする事はないだろう、と思っていますので、将来に備え、貯金を今後も続けていきたいとおもっています。
現在夫婦供に所持している貯蓄口座はLivret A, Livret de Dévéloppement Durable, で、その他に私がPlan Epargne Logementを所持しています。
これらのうち満額になっている口座があるため、他の貯蓄口座を開きたいと考えています。
そこで教えて頂きたいことがあります。
Assurance Vieをいくつか調べているのですが、入金するたびに別途費用が掛かるなど、本当にお得なのかどうかがわかりません。貯蓄口座を開くとき、どのような事に注意して契約したらいいのでしょうか。
また、今後、子育て、老後の事が心配なのですが、現在の収入・貯金額でなんとかやっていけるのかどうか教えてください。こちらで働き始めて5年になりますが、年金は当てにならないと(勝手に)思っています。

お答え・見立て。将来に備えての利殖・蓄財という点では、知識・経験・才覚がまったくありません。お役に立ちようがありません。個人的には「入金するたびに別途費用が掛かるなど、本当にお得なのかどうかわからない」ASSURANCE VIEに20年加入していました。「本当にお得なのかどうか」は今でもよく分かっていません。そして「当てにならない年金」で生活しています。フランスの年金です。 利殖・蓄財の知識・経験・才覚がないので、また研究心も薄い(ない)ので、世間常識(と思っているのですが)しかありません。まず、ハイリスク・ハイリターン。そんなにオイシイハナシがあるわけがない、です。次いで、銀行や保険(ASSURANCE)の金融商品はビジネス。A B C.、、、の金融商品にそれぞれのアクセントはあっても、無税のマネー・プランには最終的にそれほどの差はないだろう、です。当室には年金の相談も少なからずあります。アドバイスは決まっています。日本の国民年金は継続したい、2007年に発効した日仏社会保障協定を読み違えないように、です。「現在の収入・貯金額でなんとかやっていけるのか」の質問には直接お役に立てませんが、制度を知っておいて損はないでしょう。            
滞在相談室をご利用ください。                                     
定期相談室 毎月第二木曜日、第四火曜日。要予約 TEL 014723 3358
2016年2月8日  相談室  岡本宏嗣
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR