FC2ブログ

MUTUELLEの加入義務について便乗質問をさせていただきます。

質問。SECUとASSURANCE MALADIEのページ(2016年Ⅰ月13日付け)を読ませていただき、『会社などに勤務する給与収入者(SALARIE)の場合は、今年2016年Ⅰ月1日からMUTUELLEへの加入が義務付けられています。雇用 者側(EMPLOYEUR)はその社員、従業員、職員など被用者(EMPLOYE(E)=SALARIE(E))をMUTUELLEに加入させねばならな い、ということです。』 とありましたが、加入するMutuelle は会社側が用意をする、ということなのでしょうか? その場合は、保険料は会社側が支払ってくれるのでしょうか?
それとも、会社側は、加入するように従業員に促すだけで(サラリエが)自ら保険会社を選んで加入しないといけないのでしょうか? 私はサラリエなのですが、1月に入ってから今のところ、Mutuelle についての説明は何も受けていないので、どうなのかなと疑問に思いました。

お答え・見立て。                                                             

(1)MUTUELLEは会社が団体加入します。加入人数によって団体割引料金がありましょう。MUTUELLE保険料の支払いは、もっとも一般的なのは雇用者(会社側)負担50%、当人(SALARIE)負担50%です。雇用者(会社側)負担は50%負担がミニマムラインで、50%以下は認められていません。毎月の給与から、MUTUELLE/MUTUELLE  SANTE,/SANTE COMPLEMENTAIREといった名目で差し引かれます。給与明細((FICHE DE PAIE/BULLETIN DE SALAIRES)で確認してください。保険会社から各個人宛てのATTESTATIONが発行されます。会社宛てにまとめて送付されてくるのが通常です。各人は会社からATTESTATIONを受け取ることになります。

(2)今回の法改定は、MUTUELLEへの加入を雇用者(会社等組織)に義務付けたこと。そして従来のMUTUELLEが新方式になったこと、この2点が主要ポイントです。従来のMUTUELLEと新方式のMUTUELLはどう違うのか、ですが、ASSURANCE MALADIEが70%カヴァー、MUTUELLEが30%カヴァーの基本に変更はありません。ここでは触れません。                                                             
①未加入の会社は、2015末までに新方式で加入すること。                                

②加入済みの会社は2017年末までに新方式に切り替えること。

以上から、判断してください。①の場合は、ただ単に手続きが遅れていることもあり得ましょう。②の場合は未だ猶予があるということです。
2016年Ⅰ月22日  相談室  岡本宏嗣
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR