FC2ブログ

PACSとVISAの関係は

質問。
(1)ワーキングホリデービザで、プロヴァンスでフランス人パートナーと同居しています。来月10月中旬にPACSの締結を終えた後、日本に帰国する予定です。
ワーキングホリデービザの失効後、パートナーとのフランスでの生活を続けるためには、再度長期ビザを申請しなければいけないのでしょうか?
(2)3か月の旅行者ビザで再度仏入国して、滞在許可証を申請することはできないのでしょうか?
(3)また長期ビザを申請する際、PACS締結ではフランス人配偶者ビザを申請することは不可能なのでしょうか?
(4)もしフランス人配偶者ビザ取得が不可能な場合は、ビジタービザの取得を考えています。その際、パートナーが保証人となるのですが、彼の仕事の契約内容が12月から変わります。10月の日本帰国段階では、12月以降の契約書が無い状態なのですが、保障人の証明書として12月以降の契約書を用意する必要があるのでしょうか?
(5)ビジタービザでは、職能養成の為のフォーメーションやインスティテューション等で学ぶ権利は与えられるのでしょうか?
(6)ビジタービザで入仏後10ヵ月未満に、vie privee et familialeの滞在許可証を申請できるのでしょうか?
お答え。
(1)再度、長期滞在ヴィザの申請取得が必要です。
(2)申請できません。
(3)PACSで配偶者ヴィザはおりないと思います。在日フランス大使館に確認してください。
(4)大使館が指定する書類を提出します。在職証明、給与明細書、2010年度のAVIS D’IMPOSITIONなどでしょう。それでOKとなることもあるでしょう。
  労働契約書の提示を求められ「この契約書は12月で終了します。12月以降のものを提出してください」といわれることもあるでしょう。裁量ということです。
(5)ヴィジターは収入を得る職業活動には従事できませんが、学ぶことはできます。
(6)1年以上の共同生活の立証が必要です。但し、1年以上という規定はパリの場合で
   す。他の県については、居住県の県庁に問い合わせてください。
   2011年9月23日 在仏日本人会  滞在相談室  担当 岡本宏嗣
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

観光ビザで入国してフランス人と結婚することは可能でしょうか?

滞在許可の更新時に必要な、ETAT CIVILEは 抄本でしょうか謄本でしょうか。

岡本さま

コンペタンスエタランの滞在許可の更新のことで、おたずねします。更新に
際して必要な書類は、収入を証明するもののほか、ETAT CIVILE、住所の証明、写真などだと思いますが、ETAT CIVILEは日本でいう、謄本のことでしょうか、抄本のことでしょうか? [学生時代に更新したときには、日本の戸籍に関する書類を提出したおぼえがないので、本当に必要なのかどうかも、もしわかれば教えていただきたいです。]

どうぞよろしくお願いします。
プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR