FC2ブログ

CARTE DE RESIDENT(10年カード)の申請は、サラリエの更新以外の時にランデブーをとって申請することができるでしょうか?

質問。パリ在住です。carte de residence(10年カード)の申請は、サラリエの更新以外の時にランデブーをとって申請することができるでしょうか?
先日サラリエ滞在の更新したときに、面接のおばちゃんに5回目の更新だから、10年カードの申請をしたいといったところ、このguichetではなくて、待ち番号をもらうaccueil でどうしてそのこと申し出なかったの? もう遅いわよ、といわれました。エッ、数十分前のことじないですか、じゃあどうしたらいいの?といったところ、もう今回は遅いの一点張りで、次回に申請しなさいといわれました。
次回のサラリエの更新の時期まで待つ必要はないと思うのですが、どうなのでしょうか。すぐにランデブーを取って、そのランデブーの時に10年カードの申請を伝えたいと思うのですが、どう思いますか?
お答え・見立て。
パリのPREFECTURE DE POLICEです。5年以上滞在を消化し、CARTE DE RESIDENT((通称10年カード)を申請する場合“スタンダードの手続き・手順・流れ”は現時点では以下のようです。
(1)電話でCARTE DE RESIDENTを申請したい旨を申し出ます。電話口で名前、滞在許可証番号などを伝えますと、申請者当人のデーター画面が出るのでしょう、「あなたは5年以上の滞在を経過しているので申請出来ます。RDVの日時はO月O日OOhでどうですか?」となります。
(2)RDVの日時が決まりますと「2週間以内に書類を郵送します」で電話は終わります。
(3)1週間見当で書類が郵送されて来ます。同封されているのは、 ①どんな申請ケースにも必要とされている申請調書(PREFECTURE側の書式)
②CONVOCATION(電話で取り付けたRDV日時、出頭場所(BUREAU番号)の指示が明記)
③必要提出リスト(CARTE DE RESIDENT申請向けと1年更新向けの二段構え)。同リストは印刷チラシですが、その余白に手書きで補足書類がゴチャゴチャ書き込まれていることがしばしばあります。
(4)CONVOCATIONの日時に出頭して必要書類を提出します。提出書類をペラペラと点検して、不足書類がなければ「CARTE DE RESIDENT発給の可・否は追って通知します」となります。
(5)追っての通知が届きます。それにはカード引き取りの日時指定はあっても「CARTE DE RESIDENTを発給します」「申請は却下されました」の可否は記されていません。その代わりに購入すべき印紙代(TIMBRE FISCAL)の記載があります。この印紙代から「CARTE DE RESIDENTが発行された・発行されず1年ものの再更新にとどまった」が判明しましょう。指定日時に出頭しますと、印紙代に該当する一方のカードが出てきます。     1年ものカードの再更新にとどまった場合、CARTE DE RESIDENTの申請が却下された理由状のようなものはありません。
以上が「スタンダードの手続き・手順・流れ」です。
(6)スタンダードを踏まない場合は、どういう展開になるかわかりません。過去のNON-STANDARD申請の事例を見てみます。
1年もの更新のRDVを取り付けました。一方で、CARTE DE RESIDENT申請に必要な書類も揃えてRDVに臨みました。(CARTE DE RESIDENT申請に必要な書類はPREFECTUREのHPでも、別方面からも入手できます。当相談室にもあります。)さて、RDVの当日「CARTE DE RESIDENTの申請もしたいのですが、、、」と申し出ました。
①CARTE DE RESIDENT申請用の書類束をペラペラと点検して、「(揃っているようですから)受付けましょう」となったケース。この面接担当者はCARTE DE RESIDENT申請の取り扱いも兼務している、と見ます。
②「今日は1年ものの更新のRDVですから、CARTE DE RESIDENTを申請したいのであれは別の日のRDVになります」となり、(a)カチャカチャとボードを叩き、RDVを取り付けてくれたケース。(b)この電話番号に電話を入れてRDVをとりなさい、とされたケース。
③「今日は1年ものの更新のRDVですからCARTE DE RESIDENTの申請は受け付けません。来年、申請しなさい、とされたケース当相談室で’キャッチした事例だけでもこのようにバラツキがあります。また、面接担当者にもCARTE DE RESIDENTの申請を’受付けない担当者、受け付ける担当者。受け付ける担当者にも発給権限のある担当者、私には発給権限がありませんが、と前置きして「この申請内容なら10年カードは出ると思いますよ」「一応、10年カード申請ラインに回しておきますが、この内容では無理だと思いますよ」の対応となる担当者もいるようで、まあ、いろいろですね。
こうしたCARTE DE RESIDENTの申請・審査・発給事情を総合しますと、文面にある「すぐにランデブーを取って、そのランデブーの時に10年カードの申請を伝えたい」と進むかどうか。1年ものの更新ということでモノゴトが進んでいる途中で、10年カード申請のRDVがとれるかどうか、仮に取れたとしても面接の局面で「?」です。現在、コンピュうタ―での情報管理が整いつつあるので、その人の滞在許可証番号から「滞在許可証の現状」―例えばSALARIE(E)更新中で、DIRECCTE-MOE(外国人労働管理局)の承認待ちの段階にある、とかの「現状」―が一目瞭然にわかるようです。
201年11月27日
滞在相談室  岡本宏嗣
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

離職手続きとその後について

岡本さま、

こんにちわ。
レジデンスカード保持、配偶者なし、現在はサラリエで働いているものです。 
今の会社で働いて6年9ヶ月ですが、自己退職をすることになりました。 そこで教えていただきたいのですが、、、
離職にあたって、離職票を勤務先に提出、以外に、なにをしないといけないのでしょうか?
また、実際に会社を辞めた後、まず、何をすべきでしょうか? 自己退職なので失業手当は出ないと思うのですが、なにか申請できる手当てなどはあるのでしょうか?

退職後は、転職先を探すのですが、失業期間中の健康保険はどうなるのでしょうか?

一から十までをお尋ねしているようですみませんが、フランスでの退職、転職は初めてなので、よろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR