FC2ブログ

C&T3年のうち2年の任期を消化し、残りの1年滞在を、、、、

質問。
3年間有効である滞在許可書を取得後,2年の任期を終え、日本に帰国し、その後、会社を辞め、残っている滞在許可証の効力を利用し、フランスに戻り、1年滞在するとした時、滞在許可証が切れた後、他のビザ(例;就労ビザ、コンペタンスエタラント、商工業ができるビザ、他)を申請する際に、この、会社を辞めている状態で、フランスに滞在していたということは、他のビザを申請するにあたって妨げになる可能性はありますでしょうか?     お答え・見立て。この質問は2015年10月8日付「COMPTENCES ET TALENTS(C&T)でParisに在住。別職種でC&Tが更新できるでしょうか?」の続編です。ここで「3年間有効である滞在許可書」とあるのはCOMPETENCES ET TALENTS(C&T)です。同じ3年もののSALARIE EN MISSIONではありません。 さて、質問者は、C&T滞在3年のうち2年ははA社のSALARIE(推測ですが)として滞在消化し、「その後、A社を辞め、残っている滞在許可証の効力を利用し、フランスに戻り、1年滞在する」場合を設定しているようです。 以下のように見立てます。その1年を次のステップのための準備活動期間、助走期間としたらどうでしょうか。   C&TはどんなSTATUTでも職業展開ができます。会社法人を設立する。自営業登録する。SALARIEとして労働契約先を見つける、、、、などです。それも、準備・助走活動の成果を具体的に示したいものです。単なる滞在消化の1年ではないということです。そうであれば、COMMERCANT(会社法人を設立した場合)、PROFESSION (LIBERALE/AE(自営業登録の場合)、SALARIE(労働契約成立の場合)への身分変更が出来るかもしれません。規定があるわけではないので断定は出来ませんが、、、。とりわけ、その職種分野が高度に専門的であれば、C&Tの更新の可能性があるのではないでしょうか。
2015年10月31日  滞在相談室  担当  岡本宏嗣
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ビジタービザ更新について

こんにちは。フランスでの1年間のビジタービザをとりましたが1年たち更新手続きをするところです。(renouvellement carte de sejour temporaire visiteur)
その際"acte de naissance traduit en francais par un assermenté"が必要なのですが、在日フランス大使館認定の法定翻訳会社(有限会社プリモ)に戸籍謄本を翻訳してもらったもの にて対応可能でしょうか?どうぞよろしくお願い申し上げます。

滝田

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR