FC2ブログ

フランス人配偶者と離婚した場合

質問。フランス人の夫と婚姻しており、1年毎の滞在許可を取得し、来年4月が4回目の更新になります。4回目の更新で10年の滞在許可が下りると理解しております。もしその後離婚した場合、夫が入っていた社会保険(carte vitale)はなくなり、働かない(例えば学生)のままフランスに残ると病気の際はどう担保したらいいのでしょうか?
またその後、住所変更をすると離婚したことが発覚し没収となったりするのでしょうか?
よろしくご教示下さいます様お願いいたします。
お答え。
(1)働かない(例えば学生)状態でフランスに残る場合は、SECURITE SOCIALEのCMUという部門に加入します。
(2)フランス国籍の配偶者との結婚によって10年カードを取得した場合は、結婚後4年すなわち10年カード取得後1年以内に離婚すると、同カードが没収されることになっています。
但し、養育すべき子どもがいる場合、フランス国籍配偶者の暴力による場合は適用されない(外国人滞在管理法L314-5-1)。
規定はこのようにあります。没収された実例を知りませんので、「どのように発覚するか(したか)」の事情はわかりません。
常識的に考えれば「仲たがいをして手切れとなったフランス国籍配偶者が当局に訴え出る」ということでしょうか。相手の暴力というのも、パトカーが駆けつけ警察沙汰になることたびたび、隣近所の住人が証言してくれる、などの立証が必要かと推測します。なにぶんにも事例がないので、推測にとどまります。

2011年9月13日

在フランス日本人会  滞在相談室  担当 岡本
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR