FC2ブログ

SALARIE EN MISSION(3年もの)の滞在許可証を所持してうるのですが、、、

質問。現在、某会社の駐在員としてSALARIE EN MISSIONの滞在許可証にてパリ郊外で働いています。2年間の任期を終え、近々帰国しなければなりません。ここで質問させていただきたいのは、 現在の会社で取得したこの滞在許可書は3年間有効なものだと思いますが、
(1)現在の会社を辞めた場合、この滞在許可証の効力はどうなるのでしょうか?こちらの滞在許可証の条件として、同グループ企業内での移動ということだったと思いますが、会社を辞めた場合、その時点で滞在許可証の効力はなくなり、フランスでの滞在許可は無くなってしまうのでしょうか?
(2)会社を辞めたとしても、残り1年ある滞在許可書が有効である場合、他の会社で働くことはできないかと思いますが、フランスに合法に滞在することは可能ということでしょうか?
(3)また、もし、転職先が見つかった場合、この滞在許可証から次の転職先のために変更することは可能なのでしょうか?可能な場合、転職先の職種が以前の職種と違う場合は変更が難しくなるのでしょうか?
(4)最後のもう一つ質問させていただきます。仮に日本に帰国したのち会社を辞め、他のビザを申請する場合、現在残り1年有効の滞在許可証がある場合、それは問題になるのでしょうか?(二重申請で却下される原因になるとか)その場合、現在の滞在許可証の有効期限が切れたタイミングで他のビザの申請をした方がいいのでしょうか?
お答え・見立て。
(1)規定はないでしょうが、リクツとしてはそうでしょう。実際には、勤務先のA社が「BはX年X月X日付けで契約終了しました」とBの滞在許可証(あるいはコピー)を同封してDIRECCTE-MOE(外国人労働管理局)に届け出れば別ですが、届け出がない場合は、残り1年は実質的に滞在できてしまう、ということではないでしょうか。Bに続いてCを呼びたい人事の'場合は「今般Bが契約終了により帰国、あらたにCと契約しますので、SALARIE  EN  MISSION労働許可を申請します」の場合でしょう。
(2)既に(1)でお答えしました。
(3)SALARIE  EN  MISSION滞在許可証の更新案内を見ますと、同じ会社で引き続き勤務することが前提になっています。例外としては、これまでの「SALARIE」滞在を「SALARIE EN MISSION」に切り替えたい場合がCAS PARTICULIER(例外的な場合)として掲載されています。また、こういう実例はあります。同一グループ内での異動ということで、A社に在籍したままB社(A社と同一グループ)に出向のカタチを取り、更新の時点で「B社に移りました」としたケースです。手続きに時間はかかったものの、3年のSALARIE  EN  MISSIONが更新されたの報告があります。こういう実例もあります。更新の時点で、当初のA社からB社(非同一グループ企業)への変更(転職)を申請したケースです。これも時間はかかったもののSALARIE(1年もの)が出ましたの報告がありました。職種は前出例が同じで後出例では確認できていません。いずれにせよ規定外のことでしょう。動いてみなければわからない,としかいえません。
(4)そう見ておくのがよいでしょうね。
 2015年9月3日  滞在相談室  担当  岡本宏嗣
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR