FC2ブログ

C&T・VISA滞在です。ケータリング活動について、二つ質問が、、、、。

質問。コンペタンス・エ・タロンのビザを所持しています。ケータリングの活動を始めたいので質問させてください。
(1)formation Hygiene Alimentaireを受けると、美術館などのinstitutionや個人宅、あるいはイヴェントなど、どのような機会にも料理を提供することができるのでしょうか?他にも必要なformationなどがあれば教えて頂けると幸いです。
(2)もうひとつの全く違う質問です。アーティスト活動の一貫として続けて来た料理の要素を収入にも反映させなくてはならないので、展覧会などの活動とケータリングの両方をMaison des Artistesに申告するのが良いと思うのですが、分野をarts plastiques et cuisineなどと登録すれば良いのでしょうか?
お答え・見立て。
(2)からお答えします。MDAは、加入登録できる美術ジャンルが決まっています。口に直接入れて味食する料理としてのART CULINAIRE (料理芸術)はジャンル外でしょう。
立体作家である。油彩画家である。立体作品のあるいは油彩画のテーマが食物あるいは料理である。これはMDA所属ジャンルになりましょう。あくまで創作のテーマであって口に入れて食べるものではないからです。よく引き合い出す例として帽子があります。頭にかぶる帽子の制作はMDAのジャンルではありません。ARTISAN(工芸職)です。帽子をテーマにした立体造形作家はMDAです実用性のある帽子ではない、鑑賞するだけの帽子だからです。奇妙なリクツと思われるかもしれませんが、そういうジャンル分けになっています。
質問者が食べる料理をつくって売るのであれば、店舗の有無、自宅の台所か注文先のキッチンか(その双方か)などに関係なく、その収入(売り上げ)はAUTO-ENTREPRENEUR(AE)登録でしょう。
AE-ARTISANもしくはAE-COMMERCANTでしょう。
もう一つ。「アーティスト活動の一貫として続けて来た料理の要素を収入にも反映させなくてはならないので」とありますが、C&T・VISA上も「アーティスト活動と料理活動」になっているでしょうか。それとも質問者個人のMOTIVATIONなりIDEEが「私の中では料理はアートである」という位置付けなのでしょうか。後者であればケータリング活動は、C&T規定上、厳密にば不都合かもしれません..
次に(1)です。FORMATION HYGIENE ALIMENTATION を受講する以外に、DDPP
( DIRECTION DEPARTEMENTALE DE LA PROTECTION DES POPULATIONS )に登録されたらいかがでしようか。
「ケータリング営業は、その必要はない」とされれば、それはそれでお墨付きを得たことになりましょう。無登録営業ではなく、登録の'必要はないということになりますから。
DDPPは各県に設置されている飲食系営業の監督局です。

2015年6月8日 
滞在相談室  担当  岡本宏嗣

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR