FC2ブログ

日本人同士の結婚に関して便乗です。私自身、現在profession liberalの滞在許可証を持って、、、

質問。
日本人同士の結婚に関して便乗で質問させて頂きます。
私自身、現在profession liberalの滞在許可証を持っています。
私が日本人(フランスの滞在許可証を保持していない)と結婚した場合、相手のビザがおりたとして、何のビザがおりるのでしょうか。労働許可のある家族ビザがおりた例も聞いたことありますが、profession liberalと結婚しても家族ビザは却下されるという噂も聞いたことがあります。
お答え・見立て。
REGROUPEMENT FAMILIAL(RF/家族呼び寄せ)です。profession liberal(PL)である質問者が日本いる妻(夫)をフランスに呼び寄せる手続きです。この申請で問われるのは、呼び寄せ主である質問者のPL収入です。日本にいる妻(夫)を呼び寄せても生活できるだけのPL収入があるか、という点です。その基準はSMICです(もう一つは居住面積ですが、ここでは触れません)。「PLと結婚しても家族ビザは却下されるという噂」があったとしたら、それは「PLだから却下」ではなく、収入が不十分と判定されたから却下されたと見てよいでしょう。呼び寄せ主がSALARIEであれ、COMMERCANTであれ、PLであれ「日本にいる妻(夫)を呼び寄せても生活できるだけの収入」があることが許可される条件です。
PLだから不可、SALARIEなら可、、、ではありません。滞在身分の問題ではありません。収入数字の問題です。RF申請が認められれば「日本から呼び寄せられた妻(夫)」には、VIE PRIVEE ET FAMILIALEという滞在身分の滞在許可証が発行され、SALARIEであれ、COMMERCANTであれ、PLであれAUTO-ENTREPRENEURであれ、自由に収入活動に従事できます。いいかえれば「共稼ぎ」が可能で
収入増が期待できます。しかし、RF申請時点にあっては、そうした見込み収入増は考慮されず、申請者(呼び寄せ主)の収入だけが問われています。
次に、質問者の文面からの推察です。RF申請の仕組みをしっかりつかんでおられないのでは、の懸念があります。RF申請は、この地フランスで、質問者の居住地管轄のOFII(移民局)に「「日本にいる妻(夫)をフランスに呼び寄せたいのですが」と規定の諸書類を提出します。OFII(移民局)による書類審査、
住宅訪問(規定以上の面積があるかどうかの測量あり)、その後、質問者の滞在許可証を管轄しているPREFECTUREに審査書類が回り、PREFECTUREが最終的に許可して、在日フランス大使館に通知されます。同大使館より「日本にいる妻(夫)」に「RF VISAを出します」の連絡が入る。これがRFの大筋の流れです。大筋ではなく細かい展開については当相談室をご利用ください。
ところで、これはRF申請ではありません。混同しないように。「日本にいる妻(夫)」が、在日フランス大使館の窓口で「フランスに夫(妻)がいます。そこに妻(夫)である私を行かせてください。共同生活をさせてくだい。そのためのVISAを出してください」。このアプローチはRF申請ではありません。
2015年2月13日
滞在相談室 担当  岡本宏嗣

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR