FC2ブログ

パティシエですが、雇用主に負担をかけない、、、、

Tours在のパティシエです。某パティスリで雇っていただけることになりました。
なるべく雇用主に負担をかけたくない、ということで質問させていただきます。
質問(1)
「外国人を雇用する」と「フランス人を雇用する」の両者の違いは、労働許可がおりた時点で
雇主に課せられる外国人雇用税のようなものだけ。月々の給与にかかる雇用者の負担は両者とも同じ、とのことです(このブログ「質問箱」での回答)。
それでは、その外国人雇用税のようなものは、いくらぐらいでしょうか。
質問(2)「学生」から「SALARIE-PATISSIER」への身分変更CHANGEMENT DE STATUT
に失敗した経験があります。今度はCOMPETENCES ET TALENTSの申請が視野にありますが、
PATISSIERでもおりるでしょうか。受賞歴などありません。
よろしく、ご回答お願いします。
お答え(1)
雇用主に課せられる外国人雇用税(REDEVANCE A L‘OFII)は、
繰り返しますが、労働許可がおりた時点で雇用主がOFII(移民局)に支払うものです。
つまり、1回きりの税金です。毎月の給与にかかるものではありません。毎月の給与に対して
雇用主が負担するのは社会保障費で、これは外国人であれフランス人であれ、何人であれ、同じです。
*CDI(労働契約期間に期限がない)の場合。
月額給与BRUT(額面)の50%。
*3-12か月のCDD(期限付き労働契約)の場合。
月額給与がSMICまで   定額で70ユーロ
月額給与がSMICの1.5倍まで  定額で200ユーロ
月額給与がSMICの1.5倍以上  定額で300ユーロ
お答え(2)
COMPETENCES ET TALENTS VISAが出るかどうかはわかりません。また、わかる
性質のものでもありません。過去にPATISSIERでCOMPETENCES ET TALENTS VISAが
発給された人を何人か知っています。発給を受けた人の共通点は労働契約(CONTRAT
 DE TRAVAIL)のあること、です。

2011年8月27日   
在フランス日本人会 滞在相談室  担当  岡本宏嗣



スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんにちは。コンペタンスエタロンについて質問です。上記に、

>発給を受けた人の共通点は労働契約(CONTRAT
 DE TRAVAIL)のあること、です。

とありますが、逆に発給を受けた人で労働契約のない人はどのくらいいるのでしょうか?
3年前、労働契約なしで発給を受けた人を知っていますが、ここ近年、特に今年に入ってからの状況を教えて頂ければ幸いです。

身分変更

現在学生ビザで滞在しており学校の傍ら仕事をしています、
現在学生からサラリエに身分変更を考えているのですが ここ数年難しくなっているときいており コンペタンスビザも視野に入れて考えております。 職場との契約はCDIであるのですが 現在も労働ビザの取得は難しくなっているのでしょうか? 現在パリにすんでいるのですが コンペタンスビザの申請はできるのでしょうか? また学生で約1年半経過したのですが 時期的には身分変更はもう少しまったほうがよいのでしょうか?
プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR