FC2ブログ

「フランス出生の子どものいる家庭です。フランスの公立校についておうかがいします」(その2) =公立のプレパ( CLASSE PREPARATOIRE AUX GRANDES ECOLES)について=

質問。フランス出生の子どものいる家庭です。フランスの公立校についておうかがいします。     
 (A)公立校に中高一貫校はありますか?(2014年10月03日付ページで「お答え・見立て」済みです。)。         (B)プレパと呼ばれるグランゼコール受験のための特別クラスがあるそうですが、このクラスに入るため            の試験があるのでしょうか。学費はどうなのでしょうか。公立校の場合です。            
 (C)グランゼコールの試験に落ちた場合は、どういう進路を選ぶのが一般的でしょうか。
このブログ案内に学校・教育問題も対応するとありましたので、おうかがいします。
お答え・見立て。
(B)プレパと呼ばれるグランゼコール受験のための特別クラスがあるそうですが、このクラスに入るための試験があるのでしょうか。学費はどうなのでしょうか。公立校の場合です。
今回は、この(B)の質問にお答えします。「PREPAと呼ばれるグランゼコール受験のための特別クラスをCLASSE PREPARATOIRE AUX GRANDES ECOLES(略称CPGE)と呼んでいます。通称PREPAはCPGEのことです。
ここでは公立のPREPA=CPGE(以下、PREPA)について触れます。公立のPREPAには3タイプあります。
(1)COLLEGE ET LYCEEの上にPREPA(通常は2年制)が乗っている。つまり、COLLEGE(中学部4年制) ET LYCEE(高校部3年制)+PREPA(通常は2年制)です。この3階層タイプが最も一般的でしょう。
(2)LYCEE+PREPAの2階層タイプ。
(3)PREPAのみ=1階層タイプ。(パリではLYCEE SAINT LOUISが有名校)
さて、最も一般的なタイプは(1)です。ここにCOLLEGE ET LYCEE「X」があるとします。COLLEGE「X」と LYCEE「X」は、エレベーター(エスカレーター)でつながっていないとみるべきでしょう。
これについては「(A)公立校に中高一貫校はありますか?」(2014年10月03日付ブログ)に記しました。全く同じようにLYCEE「X」とPREPA「X」はつながっていないとみるべきでしょう。LYCEE「X」からPREPA「X」に進学する生徒は成績優良生であることは確かですが、つながっていると見ることはできません。というのは、LYCEE「X」生としてバカロレア取得後、様々なコースに分かれ、PREPA「X」に進学するのは選択肢の一つに過ぎないからです。例えば、
(a)LYCEE「X」でトップ・レベル生は、より上位とされているPREPA「Y」にランク・アップする。
(b)同レヴェルのPREPA「Z」に横スベリする。
(c )文系・商業系・技術系コースの選択が必要になりますが、選択したコースに強い、合格実績持つ、とされているPREPA「α」に鞍替えする。
(d)成績優良であってもPREPAからグランゼコールのコースには進まない(例。医進コースを選択)
など様々な進路選択肢があり、移動があるからです。ここで、質問に直接お答えしておきます。
①入試はありません。LYCEE 2年次(1・2・3学期)、3年次(1・2学期)の成績による選考です。書類選考です。
②公立PREPAに学費はありません。無料です。

ところで、PREPAは全国オープン、全国公募制です。
パリを中心にして見ますと、パリ市内、パリ近郊県はもとより地方県のLYCEEからも応募ができます。そのため、学校敷地内あるいは学校周辺地域にFOYER(学生寮)があるのが通常です。
 また、複数のPREPAに応募できます。複数のPREPAから選考パス通知が来た場合は、あたりまえのことですが、その中の一つを選ぶことになります。
こうした進路事情の多様さからも、3階層タイプが、COLLEGE⇒LYCEE⇒ PREPAとつながっていないことが明瞭でしょう。  

最後に、です。学校風景を見てみましょう。
ここにCOLLEGE(中学部4年制) ET LYCEE(高校部3年制)+PREPA(通常は2年制)の3階層タイプがあるとします。ここには、中学生1―4年生、高校生1-3年生、PREPA生1-2年生が毎日、通学しています。学校敷地内への入出口も校舎も違っていましょうが、敷地内には12歳(6学年生・日本の中学1年生)から20歳(PREPA2年生)までの生徒が集まっているという風景です。
その風景をもう少しつぶさに見ますと、こうなりましょう。
COLLEGE(中学部)は義務教育ですから、どこに住んでいるか、その住所アドレスから配属校が決まります。日本風にいえばA、B,C町とD町のXX番地までがCOLLEGE「X」(中学部)に配属、といったことです。入試はなく学力は関係しません。
同じ敷地内にあるLYCEE「X」(高校部)も入試はありませんが、COLLEGE(中学校・中学部)期の成績による「書類選考」です。応募は学区(DISTRICT)制によります。パリの場合は、パリ1-
20区が4学区に分かれています。例えば、パリ7、15、16区に住んでいる子弟は、これら4つの区域内にある複数のLYCEEに第一志望、第二志望、、、といった具合に応募するのが原則(学区外のLYCEEに応募できる例外規定あり)です。
さらに、同じ敷地内にあるPREPA「X」は、前述のように全国公募制です。LYCEE「X」出身生はそのごく一部ということです。
今回はここまでにしておきます。「(C)グランゼコールの試験に落ちた場合は、どういう進路を選ぶのが一般的でしょうか。」は後日にさせていただきます。
2014年10月8日
 滞在相談室  担当  岡本宏嗣
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR