FC2ブログ

2014年9月30日付「SALARIE滞在者です。週1回、別の職場と労働契約を交わして、働けるでしょ うか。」に関して追加質問です。

質問。サラリエ滞在許可証の条件、A社とのCDI契約、SMICの1、5倍以上の給与を満たした上で、さらにB社とのmi- temps契約は、サラリエの身分では認められていないということでしょうか?
お答え・見立て。
質問者は、A社で「SMICの1、5倍以上の給与」のCDIに加えてB社からもmi- temps契約での「引き」
があるようで、相当に腕のよい人ですね。まずは、そのことに敬意を表します。
A社とのCDI契約、SMICの1、5倍以上の給与を満たしていることは「労働許可がおりる=サラリエ滞在許可証が発給される・労働許可が更新される=サラリエ滞在許可証が更新される」条件ではあっても、
B社とのmi- temps契約労働を認めるものではない、と見るのですがいかがでしょうか。一度、B社の会計士にDIRECCTE-MOE(外国人労働管理局)の感触を確かめてもらったらいかがでしょうか。
「NON」あるいは「OUIとはいえないが、そのあたりのことは、、、、」の反応は予想がつきますが、「OUI」であれば、ご報告ください。参考事例の一つにしたいと思います。
ところで。2014年9月30日付ブログの末尾に{「何も問題がなかった」ことと「合法的である」ことは別のことです。}と記しました。「何も問題がなかった」はどういう点で問題がなかったと見るのか、が今一つ不明ですが、「何も問題がなかった」=「合法的である」とはいえません。合法と違法の間にはアイマイ・ゾーンといいますか裁量幅といいますか、があります。「合法とはいえないが、違法と摘発するほどのことでもない」「その程度のことであれば、大目に、、、」「CLANDESTIN(SECUをごまかす闇雇用)でなければ、まあ、、、、」
そうした意味でもDIRECCTE-MOE(外国人労働管理局)の反応を見たいですね。
2014年10月01日
滞在相談室  担当  岡本宏嗣
 
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR