FC2ブログ

滞在許可証発行に伴うTAXE=TIMBRE FISCAL(印紙)に納得できないのですが、、、

質問。
今年の2月まで学生の身分でフランスに滞在し、日本に一時帰国。その後、4月にパスポートのみで再渡仏し、5月にフランス人と結婚しました。その後、役所で2月まで有効だったcarte de sejour を持っていき、更新、という形で学生から配偶者への身分変更の申請を行いました。(なお、わざわざ配偶者ビザをとりに日本に一時帰国する必要がないことは、役所の人から確認済みです)。
5月中旬に結婚し、6月中旬にプリフェクチュールに書類を提出、7月はじめに一時滞在許可証をもらいました。
本題ですが、本日、滞在許可証をとりにくるようにとのconvocationをもらいましたが、
手数料が286ユーロとなってました。内訳が、
87ユーロ=la taxe de sejour
19ユーロ=cout fabrication de la carte
180ユーロ=taxe de retard en raison du depot tardif du dossier
となっています。
遅延金とはいいますが、何に対しての遅延なのかよくわかりません。
市役所で結婚してからプリフェクチュールに書類をだすまで1カ月でした。
こうした事例について御存じでしたらお教えください。また、この180ユーロは払わないといけないのでしょうか?
お答え・見立て
むしろ、安く済んだとみるべきでしょう。
質問者のケースは、2014年2月に期限満期となった滞在許可証を「遅ればせながらの更新」のカタチで処理してくれた、ということです。この「遅ればせ代」が180ユーロです。フランス文ではこうです。
Demande de renouvellement dutitre de séjour postérieure à l'échéance du titre précédent :si le titre est renouvelé, l'étranger doit acquitter un droit de 180 €
むしろ安く済んだ、と記しました。これについてです。
2月に滞在許可証が期限切れになりました。一時帰国を経て5月にフランスで結婚しています。
ここで「わざわざ配偶者ビザをとりに日本に一時帰国する必要がないことは、役所の人から確認済みです」
とあります。ここが分岐点です。配偶者ビザをとりに日本に一時帰国せず、そのままフランスに残って、滞在許可証の申請につなげる。この場合は、340ユーロのTAXEを取られるのが通常です。
本来は日本に一時帰国して取得してくるべき配偶者ビザに相当するTAXE、ということです。
そうではなく、「遅ればせながらの更新」の遅滞TAXE180ユーロで済んだのですから、340-180=160ユーロの節税、ということではないでしょうか。
2014年8月Ⅰ日
滞在相談室  担当  岡本宏嗣
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR