FC2ブログ

2014年5月24日付ブログ「子ども(2歳、ビジタービザ)の滞在許可更新手続きは?」 に関連して、、。=DCEM(未成年向け再入国)カードの意味についても触れます=

質問。2014年5月24日付「子ども(2歳、ビジタービザ)の滞在許可更新手続きは?」
に関連して質問いたします。
今回、娘(3歳)のビジタービザ更新について調べていましたらこのblogにいきつきました。
上記の「2014年5月24日付「子ども(2歳、ビジタービザ)の滞在許可更新手続きは?」の
質問者と全く同じ事情でしたので非常に参考になりました。
もう一つ質問があります。
フランスから他の国(シェンゲン内)へ旅行に行く時も娘は、ビジタービザが切れている状態でも大丈夫なのでしょうか?なお、主人は学生ビザ更新済、私はビジタービザ更新済です。
見立て。
両親の滞在許可証が有効期間中であれば、お子さんの出入国に問題はないでしょう。
「文面に主人は学生ビザ更新済、私はビジタービザ更新済です」とありますが、これはやや不正確です。
「主人、私」とも在日フランス大使館でVLS/TS(VISA LONG SEJOUR/VALANT TITRE DE SEJOUR=長期滞在VISA/
滞在許可証と同等の)を取得してきたのではありませんか。このVLS/TSは
(1)フランス入国・滞在初年度はOFIIでのVALIDATION手続きです。これは、在日フランス大使館
で取得してきたVLS/TSの有効化(VALIDATION)手続き、ということです。
(2)次年度からは、PREFECTURE(県庁)での滞在許可証の申請・取得手続きになります。VISAの延長
あるいはVISAの更新ではありません。滞在許可証の取得あるいは滞在許可証の更新です。VISAの延長
あるいはVISAの更新という発想に立つと「主人、私は延長・更新したのに、娘(3歳)のビジタービザの
更新はしなくていいの?」になりましょう。そうではなくて、滞在許可証の取得あるいは滞在許可証の更新です。
18歳未満は滞在許可証が不要であり発行されない、従って何もすべきことがない、有効な滞在許可証を所持している親とフランス出入国していればよいことになります。
(2)DOCUMENT DE CIRCULATION POUR MINEUR ETRANGER(DCEM/未成年向け出入国カード)
2014年月24日付ブログ「子ども(2歳、ビジタービザ)の滞在許可更新手続きは?」で、未成年児にはDCEM(未成年向け出入国カード)があります、と書きました。以下、再掲載します。
両親(あるいはその一方の親)の滞在が長期になる見込みの場合に同伴滞在の未成年児に発行されるカードです。質問者の場合は父親が学生、母親がVISITEURということですので、政府公報(SERVICE PUBLIC)では発給対象になっていません。有効期限は5年ですので親の滞在が長期になる見込みの場合に発行されます。法的に取得義務がないので、いささかの不都合もありません。ここまでが再掲載、以下は追加です。
ところで、このDECEMは未成年向けの滞在許可証ではなく、経済移民、経済難民の家族流入をチェックするストップ弁のようなものです。空港の入国パスポート・コントロールを思い浮かべてください。
未成年児がDCEMを所持しているということは、「この子は新規にフランスに連れ込もうということでは
ありません。親と一緒に既にフランスに滞在しており、たまたま里帰り(フランス国外旅行)に連れていき、今、フランスに戻ってきたのです」の証明になる、ということです。日本は経済移民家庭、経済難民家庭
の流入国ではありませんので未成年児のフランス再入国にトラブルはありませんが、長期滞在家庭の未成年児には念のため、DCEMの取得を勧めています。

2014年6月01日
滞在相談室  担当  岡本宏嗣
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR