FC2ブログ

未成年児の単独での音楽留学について

質問。未成年者の音楽留学について質問させて頂きます。
1997年生の日本国籍の女子で小学校をCM2までを香港のフレンチスクールで終えた後CNEDにて
3emeまで終了しています、2ndeと1er とterminaleはやっておりません。
香港で17才まで過ごした関係で4才より香港のconservaotry で音楽教育を受けて
英国王立音楽院検定 Grade 8(violin )を終了しています。
現在ecole normale music より仮入学証明がでています。現在パリにおりますがこれから東京にもどり
未成年者の就学visaを申請予定です。
(1)まずバカロレアを所持していません。日本の高校卒業証明なども持っていませんが、それは大きなマイナスポイントになるのでしょうか?
(2)個人による身元受け入れ書 未成年者の学費および生活費を十分に賄えることを証明。身元引受人の経済証明のコピー+署名人の公的な身分証明書コピーとありますが、これは フランスにての保証人ということなのでしょうか?これは親の経済証明だけでは不十分ということなのでしょうか?
こちらの相談室で未成年就学visaを却下されたとのケースをみましたが(その場合は経済証明が欠けていたとか?)
お答え・見立て
(1)ECOLE NORMALE DE MUSIQUEが「バカロレアを所持していなければ、あるいは日本の高校卒業証明がなければ入学を許可しない」ということではないようです。同音楽院が入学を認めてくれれば音楽留学は成立しましょう。
(2)過去の事例からです。「親の送金誓約証」でパスしているようです。フランス側にモラルサポート(経済的にではなく)してくれる人がいればプラス材料ではないでしょうか。
(3)「こちらの相談室で未成年就学visaを却下されたとのケースをみましたが」とあります。
このブログ・ページを執筆しているのは私岡本ですが、そのように書いた記憶がありません。音楽やバレエなど早期教育が大切な芸術分野ではなく、フランスの公立高校の普通科学業コースへ親の同伴家族としてではなく、単独で留学したい、の場合は未成年就学visaはおりにくいのではないしょうか。こう書いたことはありましょう。音楽やバレエなどの芸術分野の未成年児で、親の同伴家族VISAを取得して滞在し、数年後に親が帰国して未成年の子どもがフランスに残って修業を続ける、これはよくあるケースです。成人(18歳)までは滞在許可証の取付けが不要ですから、数年前に取り付けて来た同伴家族VISAで合法的に滞在を続けることができましょう。
蛇足です。質問者のお子さんは、3eme(日本の中3に相当)まで修了(CNED=通信教育含む)した、とあります。フランスの義務教育を終えているので、芸術分野ではなくフランスの公立高校の普通科学業コースであっても単独留学も認めてくれるかもしれませんね。

2014年5月8日
滞在相談室  担当  岡本宏嗣
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR