FC2ブログ

SARL(有限会社)設立手続きに法律上の変更がありましたか?

質問。
2014年3月19日付ページ「現在、日本在住。フランスにSARLを設立計画中です。その手続き・手順は?」
を拝見しての質問です。質問された方とほぼ同じ状況のようで、当方なりに情報の収集をしていますが、最近、
手続きがしやすくなったという情報があります。法律などに変更があったのでしょうか。
見立て。
当室は企業法人の起業手続きについては専門外ですが、その情報は、おそらく商法(CODE DE COMMERCE)
L122-1条とL122-2条の廃止ではないでしょうか。これは2014年1月2日付法2014-1号で廃止されました。
こういうことです。SARL(有限会社)のGERANT(代表)など各種形態の会社法人の代表者がフランス不在の場合、
つまり滞在許可証を持ってフランス滞在していない場合は、従来は会社所在地のPREFECTUREに届出て、
PREFECTUREが発行するRECEPISSE DE LA DECLARATION(届出証明書)を持って、商業裁判所(TRIBUNAL
DE COMMERCE)やCHAMBRE DE COMMERCE ET D’INDUSTRIE(商工会議所)で会社設立登録あるいは
代表者変更届出をしなければならない、とされていました、これは、通称サルコジ―法、といわれる
2006年7月2日付法2006-911号で規定されたものです。それが、今回、2014年1月2日付法
2014-1号で廃止となったということです。PREFECTUREへの事前の届出が不要になったということです。
その意味では手続きが一つ減ったとはいえましょう。

2014年3月20日
滞在相談室  担当  岡本宏嗣
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR