FC2ブログ

フランスの就労ビザを維持しながらモナコで働くことが可能か。

質問。
(1)ボルドーのレストランにて就労ビザ(サラリエ)で働いています。このほど仕事の話がモナコより
入りまして、そちらで働こうと考えています。そこでフランスの就労ビザを維持しながらモナコで働くことは
可能なのか。
(2)現在の職場を辞め、ボルドーのアパートを維持して住所をフランスに置きつつ(実際に住む場所はモナコ)モナコに出稼ぎというかたちにし、 AUTO-ENTREPRENEURに個人登録して、毎年の就労ビザの更新をすることは可能でしょうか。
(3)就労ビザ初回の更新の時に就労ビザを取得してくれた会社をすでに辞めていたので新しい職場の
コントラで申請しました。そのせいかその時の更新以来すでに三度目のレセピセです。本来うまくいっているなら
すでにicチップ入りのカードを受け取っているはずですが、レセピセだけで一年が経過しようとしています。
今回のレセピセは今年の六月初旬までです。翌月の七月には毎年の更新をしなければなりません。
こういった場合、ビザが更新される可能性は低いのでしょうか。もしビザが更新できなければモナコに出稼ぎに行くことも無効になってしまいます。
それに次回七月のビザ更新にたどり着け たとしても、モナコの雇い主は始め三か月は試用期間と言っているので、
例え来月、来来月から働き始めたとして七月の更新時に持っていける書類は皆無に近いと思われます。
この状況だと就労ビザを残せる可能性はかなり低いと思うのですが。
見立て。
(1)モナコには外国人の労働許可を管轄し許可・不許可を判定する労働管理局=
DIIRECTION DE LA MAIN-D’OEUVREET DES ENPLOIESがあります。雇用者は同局に労働許可申請して質問者のAUTORISATION DE TRAVAIL A PRICIPAUTE DE MONACO(モナコ公国労働許可)を取付けることが必要でしょう。「フランスの就労ビザを維持しながらモナコは出稼ぎで」は成立しないでしょう。
(2)AUTO-ENTREPRENEURに個人登録して、毎年の就労ビザの更新をすることは可能でしょうか。 
見立て。外国人(ここでは日本人)のSALARIEとAUTO-ENTREPRENEURは両立しません。
両立するのは、
①CARTE DE RESIDENT(10年もの)
②COMPETENCES ET TALENTS(3年もの。但し職種に制限あり)
③VIE PRIVEE ET FAMILIALE(1年もの)
です。SALARIEからAUTO-ENTREPRENEURへの身分変更はあり得ますが、身分変更の申請が認められるかどうかは別のことです。
(3)現在、SALARIE滞在の更新手続き中とのことです。窓口はボルドーのPREFECTURE ですね。
 現在の更新が首尾を得たとしても、翌月7月の年度の更新にモナコでの仕事の契約書(があったとしても)を 
提出するわけには行きません。無効です。更新する場合は、現在の職場を辞めるのではなく、現在の職場の継続です。

2014年2月24日
滞在相談室  担当  岡本宏嗣
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

返答ありがとうございます。
フランスの就労ビザを維持しながらモナコで働くことが今の状況では不可能に近いことがよくわかりました。そこで改めて質問です。

このサイトの過去記事に、『現在の雇用先をA社とします。A社との労働契約で就労ヴィザを取得してSALARIE(E)の滞在身分になったのであれば、1年後の第1回目の更新の際にはA社に在籍しているのが安全のようです。12か月以内に本人の意志で辞めた場合は更新は却下される』 という記事を見ました。

私の場合、就労ビザを取得してくれたのがA社として1回目の更新時にすでにA社を退社し、全く別の経営者であるB社でのコントラで更新しました。それによってか3回続けてのレセピセで首の皮がつながっている状態です。
今所持しているレセピセは6月で終わりですが翌月7月にはビザの更新でプレフェクチュールに行かなくてはいけません。ここまでは前回の質問文に書いたのですが、すでに今年の始めにはB社を退社し全く別の経営者であるC社で現在働いています。
よって次回の更新(2回目)の際はC社のコントラで更新しなければなりません。
利害によって生き方を変えると利害によって行き詰まるこの状況に自分でも今さらになって反省してるわけですが、こうも会社を短い期間の間に変えて次回の更新がどうなるのか結果が気になります。
フランスのレストランで就労ビザを取得してもらい、これからフランスに来るであろう料理人にとって悪い事例の一つとしてこの質問が役に立てるのであればそれもまたけっこうです。自業自得ですね。
してこういった場合次回の更新がうまくいくかどうか何か事例をご存じでしょうか。ご回答のほどよろしくお願いします。


もしビザがおりない可能性が大の場合、最後の悪あがきで今所持しているレセピセが切れる六月までにフランスの就労ビザがそのまま書き換えられる隣国はありますか。
聞いた話ではモナコで仕事を見つけ就職する際にフランスの就労ビザを筆頭にその他の書類もろもろでモナコの就労ビザに書き換えられると聞きました。
現在モナコから仕事の依頼があるのでそれが可能であればいいのですが。ただ依頼の仕事内容がレストラン勤務でなく個人宅の専属料理人なのでこういった場合就労ビザにつながるのでしょうか。
例えばの場合私を依頼主の会社の社員の一人としてコントラを組んでくれるとして
①もし依頼主がモナコに会社がある場合
②もし依頼主がただモナコに居住しているだけで会社がモナコ以外(依頼主がロシア人なのでロシアと思われます)にある場合
もし①の場合ビザは可能だと思いますが②にの場合はやはり難しいでしょうか。

それとフランスの就労ビザ書き換えが可能なのは隣国でもやはりモナコだけなのでしょうか。今ある就労ビザを切れる前になんとか活用したいのですが何か良いアイデアはあるでしょうか。身勝手な質問ばかりで恐縮ですが何とぞよろしくお願いします。
プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR