FC2ブログ

滞在許可更新の際に「次回の更新にはINSCRIPTION AU ROLE DES IMPOTSが必要」といわれましたが、、、

質問。
プレフェクチュールのRDVの際に、inscription au role des impots が必要と言われました。納税証明でいいと言われたので、それを持っていったのですが、前回とは違う係りの人にそれではダメだと言われ、次回提出するように言われたのですが、これは何のことなのでしょうか?
お答え・見立て
質問者の滞在身分はPROFESSION LIBERALE(PL)でしょうか。
もう一つ、inscription au role des impotsは紙に書かれたものですか、それとも「前回とは違う係りの人」の口頭
でしょうか。この二点を未確認のまま見立ててみます。
(1)所得税証明(AVIS D’IMPOTS SUR REVENU)とは別のものです。
ここでいうIMPOTSは、正確にはCONTRIBUTION ECONOMIQUE TERRITORIAL(CET)でしょう。
   このCETが、
   ①COTISATION FONCIERE DES ENTREPRISES(CFE)
②COTISATION SUR VALEUR AJOUTEE DES ENTREPRISES(CVAE)
   の二つから成っているので複雑です。
 (2)2009年まではCETはTAXE PROFESSIONNELLE(職業税)という名前でした。
TAXE PROFESSIONNELLE(職業税)が名前を改めCETにかわったのは2010年からです。
それで、PREFECTURE DE POLICEが刷っている更新手続き案内パンフの「PIECES A FOURNIR(提出書類)」
のPLの欄にはINSCRIPTION AU ROLE DE LA TAXE PROFESSIONNELLE(SAUF PROFESSIONS EXONEREES)
と記されています。現在でも訂正されずに記されたままかもしれません。
INSCRIPTION AU ROLE DE LA CONTRIBUTION ECONOMIQUE TERRITORIAL(CET)と訂正すべきなのです
が、上記(1)で記したようにCETが①②の二つから成っているので面倒なこともあるでしょう。
「前回とは違う係りの人」から出たIMPOTSは以上のようなことです。
 (3)CETの①だけが関係しそうです。①は職業空間(事務所、アトリエ、キャビネなどの仕事場)に課される
税です。
質問者の職種はわかりませんが、PROFESSIONS EXONEREES(免除される職種)であれば、その旨の一筆を税務局から
もらいましょう。免除されない職種の場合は登録手続き(INSCRIPTION)をした上で登録証書をもらいます。
(税務局はSIRET番号から捕捉しているので、申告用紙を一方的に送ってくるのが通常です。送って来ないばあいは
PROFESSIONS EXONEREES(免除される職種)である可能性が高いでしょう。
 なお、年間32600ユーロ以下であれば、
①事業を開始した当年度、それに続く2年間はEXONEREE(免除)されましょう。
②自宅の一部が仕事場である、といった申告の場合は課されたとしても微額(年間50ユーロ見当)でしょう。

2014年Ⅰ月Ⅰ6日 
滞在相談室  担当  岡本宏嗣
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR