FC2ブログ

CARTE VITALEは未発行、SECURITE SOCIALEは仮番号の状態。診療費の払い戻しは?(2) =2013年12月24日―2014年Ⅰ月の期間中にいただいた質問・報告などは変則日程での「お答え・見立て」になります。ご了承ください=

質問。
2013年12月20日付ブログ「CARTE VITALEは未発行、SECURITE SOCIALEは仮番号の状態。
診療費の払い戻しは?」の質問者です。同ページを読んだ上で再質問させてください。
carte vitale についてです。
書類を提出してから、一年以上が経ちます。仮の番号は1か月ほど前にもらいました。
病院にかかった場合、仮番号を伝えたら返金してもらえるのでしょうか?」
ここまでが前回の質問でした。以下、追加します。
申請は、学生身分でアルバイトをしていた時にしましたが、現在はPLへの身分変更中です。
お答え・見立て。
基本的には変わりませんが、もう一歩踏み込んでみましょう。。
学生アルバイトは辞めたので給与から健康保険料の天引きはない。一方、PLとしての健康保険料支払いは
未だ開始していない、という宙ぶらりんの状況だと察します。2013年12月20日付ブログでの見立て
・お答えの繰り返しになりますが、再確認します。学生身分でアルバイトをしていた時期にアルバイト給与を
得ていましたね。その給与から、SECURITE SOCIALE(諸社会保障費)の中の一項目として、ASSURANCE MALADIE MATERNITE(健康保険)の名目で保険料が天引きされていますね。その期間の給与明細
(BULLETIN DE SALAIRES)を保管していますね。そうだとして話しを進めます。診療費の払い戻しが有効なのは、以下のいずれかを満たしている場合です。
①診療日(診療費が発生した日)から遡って過去1か月=30日間に60h以上労働していること。
あるいはSMICの60倍以上の給与にたいして健康保険料を支払っている(天引きされている)こと。
②上記(1)を満たしていない場合。診療日(診療費が発生した日)から遡って過去3か月間に
120h以上労働していること。あるいはSMICの120倍以上の給与にたいして健康保険料を支払って
いる(天引きされている)こと。
③上記(2)を満たしていない場合。診療日(診療費が発生した日)から遡って過去1年間に
1200h以上労働していること。あるいはSMICの2030倍以上の給与にたいして健康保険料を支払って
いる(天引きされている)こと。
SMIC(最低時間給)=9,43ユーロ(2013年度) 9,53ユーロ(2014年度)
以上から、判断してください。SECURITE SOCIALE番号が仮番号であることは「払い戻し」に関係しません。
払い戻し窓口は居住区のCPAMです。質問者のSECURITE SOCIALE(仮)番号からカチャカチャと
SECURITE SOCIALE口座を開き、有効が確認できない場合は上記の「給与明細」(BULLETIN DE SALAIRES)
を提示せよ」になりましょう。「給与明細を保管していますね」はそういう場合に備えてのことです。

2013年12月27日
滞在相談室   岡本宏嗣
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR