FC2ブログ

フランス国籍者との結婚、VIE PRIVEE ET FAMILIALE 、 CARTE DE RESIDENTの相関関係

質問。個人的なことではなく、一般的な質問です。
サラリエ身分からCarte de sejour 10 ansを取得した日本国籍者が、フランス人と結婚した場合、carte de sejouはvie privee et familialeに変更する必要があるのだと思います(当方はフランスで結婚経験がありませんので推測です).その日本人が離婚 し、相手のフランス人との間に子供がいなかった場合、フランスでの滞在身分は、サラリエからCarte de sejour 10 ansに変更した時に戻るのでしょうか?それとも、すべてのフランス滞在権利を失ってしまうのでしょうか? 先日友人と話していてふと疑問に思ったので質問させていただきました。
(文字化けするのでアクサンは省略しています―質問箱主宰者)
お答えと見立て。
(1)サラリエ身分からCARTE DE RESIDENT(Carte de sejour 10 ans)を取得済みの日本国籍者が、フランス人と
結婚しても、取得済みのCARTE DE RESIDENTにはなんの影響もありません。CARTE DE RESIDENTの更新時に
ETAT-CIVILの変更を申し出るだけです。つまり「CARTE DE RESIDENTを取得した10年前はCELIBATAIRE
(独身)でしたが、その後、結婚しました」という変更です。結婚相手がフランス国籍者である、あるいはフランス在住の日本国籍者である、その他の国籍者である、といった結婚相手の国籍はCARTE DE RESIDENTの更新に直接関係しません。
婚姻証明(ACTE DE MARIAGE)を提出すれば、更新されたCARTE DE RESIDENTにはMARIE(E(既婚)と記載されるだけのことです。
つまり、CARTE DE RESIDENTの所持者に「結婚した・離婚したなど民法上のETAT-CIVILの変更が生じた」場合、
それが生じた時点でその変更を滞在お許可証当局(PREFECTURE)に届け出るわけではありません。CARTE DE RESIDENTが10年満期になり更新手続きをする際のことになります。
(2)もう少し補足します。
①フランス国籍者と婚姻しますとVIE PRIVEE ET FAMILIALE(1年もの)が「発行され得る」ということです。VIE PRIVEE ET FAMILIALE(1年もの)より滞在権が上位にあるCARTE DE RESIDENT(10年もの)の既所持者が「フランス国籍者との婚姻によってCARTE DE RESIDENT(10年もの)が没収されてVIE PRIVEE
ET FAMILIALE(1年もの)に格下げになる」わけではありません。学生滞在者やVISITEUR滞在者のようにVIE PRIVEE ET FAMILIALE(1年もの)より滞在権が下位にある滞在者にとって意味があるということです。
②VIE PRIVEE ET FAMILIALE(1年もの)は、学業継続・家庭の専業主婦(夫)・フルタイムで働く・会社設立や自営で起業する、などオールマイティの滞在カードです。同じくオールマイティ・カードであるCARTE DE RESIDENTの1年版といえます。
(3)質問者にはフランス国籍者との婚姻と滞在許可証の関係にもう1点混同があるようです。
③フランス国籍者との婚姻でオールマイティ・カードの1年版VIE PRIVEE ET FAMILIALEを取得した場合です。
 1年ごとに更新を重ねて3年消化の4年目にCARTE DE RESIDENTが発行されます。但し、婚姻による共同生活が維持されていることがCARTE DE RESIDENT発行の条件です。
④さらに、CARTE DE RESIDENTが発行されてから1年以内に、いいかえれば婚姻から4年以内に離婚した場合は、
CARTE DE RESIDENTは没収し得る、という規定があります。
但し、子どもがいてその扶養義務がある場合、フランス国籍配偶者によるDVが離婚原因の場合は除く、という
付帯条件が付きます。これは、MARIAGE BLANC(ペーパー婚)、MARIAGE GRIS(詐欺婚)防止を
念頭においた規定です。(MARIAGE BLANC(ペーパー婚)、MARIAGE GRIS(詐欺婚)については、
このブログで再三触れていますので、検索してください)。また、「没収し得る」の実効性については、公開ブログで記すことはできません。
⑤CARTE DE RESIDENTが発給されるケースは10ケースを越えましょう。フランス国籍者との婚姻は、その中の
一つです。「SALARIE滞在5年以上」もその中の一つです。「SALARIE滞在5年以上」の資格・条件でCARTE DE RESIDENTを取得した場合、フランス国籍者との婚姻や離婚は取得済みのCARTE DE RESIDENTに影響しません。
2013年10月24日
滞在相談室  担当  岡本宏嗣
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR