FC2ブログ

学生滞在者の労働許可申請、2問2答

質問。現在、フランス語学生として滞在して3年が経とうしています。
今の勤務先で就労ビザの手続きを開始し始めたばかりなのですが、
私の学生ビザが9月末で切れてしまいます。
なので、念のため、RDVを取って、学生の滞在許可証の延長も考えています。
1:学生ビザの延長と就労ビザの申請を同時にできるのか。
2:就労許可が出た場合、日本に一度帰国しなければならないのか。
見立て。
AUTORISATION DE TRAVAIL労働許可という言葉で統一します。
労働許可申請の方式は2種あります。これを理解されれば質問にお答えしたことになりそうです。
(1)CHANGEMENT DE STATUT(滞在身分の変更)方式
滞在許可証を持っている状態での申請です。質問者の場合は、現在持っているETUDIANT/ELEVE
の滞在身分をSALARIEに変更したい、という申請になります。申請窓口は、滞在許可証の申請・更新
申請と同じPREFECTUREです。
パリでは、CENTRE DE RECEPTION DES ETUDIANTS ETRANGERS 92 Bd Ney 75018
ここが当面の窓口です。許可がおりれば、SALARIEの滞在許可証が発給されます。
(2)INTRODUCTION(労働力の導入)方式
これは、フランス国外(質問者の場合は日本)から労働力として呼び寄せる、という方式です。
従って、勤務先がこの方式で申請する場合は、質問者の滞在許可証の滞在許可期限が満期になって日本へ帰国してから申請することが原則となります。申請先はDIRECCTE/MOEという機関です。
この場合は、労働許可がおりますと、DIRECCTE/MOE⇒OFII⇒在日フランス大使館⇒日本にいる当人
という経路で進みます。日本にいる当人が在日フランス大使館で労働VISAを受けてフランスに戻って
くることになります。
以上の原則から「日本に一度帰国しなければならないのか」の意味が理解されたと思います。
CHANGEMENT DE STATUT方式にあっては「日本に一度帰国」はありません。INTRODUCTION方式
の場合は「日本に在住していることが申請の前提になっている」ということです。
以上は原理原則です。申請の実際については滞在相談室(後述)をご利用ください。
次ぎに、学生滞在の更新と労働許可申請の関係です。
(3)規定はありません。CHANGEMENT DE STATUT方式にあっては「労働許可申請が却下された場合に備えて学生滞在の延長もしておいた方が安全ですよ」と窓口で勧められました、の報告も複数あります。
(4)INTRODUCTION方式の場合は、「日本に在住していることが申請の前提」になっていますから、
「学生滞在の更新」は論理矛盾、折り合いがよくありません。その実際については滞在相談室を
ご利用ください。
滞在相談室  定期相談日 毎月第2・4火曜日 要予約 01 4723 3358
(7・8月は変則になりますので、予約の際に要確認のこと)
2013年6月26日   滞在相談室  担当  岡本宏嗣
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

丁寧なご回答ありがとうございます。

私の場合、changement de statutになりますので、
帰国する必要はないのですね。

一つ質問です。

就労ビザを申請中に学生ビザが切れてしまうことは
よくないのでしょうか?

学生ビザも語学学校が4年目のため、却下される可能性も
高いので、就労ビザ申請中に、
学生ビザの更新が却下されてしまうという場合は
どうしたらよいのでしょうか?
プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR