FC2ブログ

コンペタンス・タロン(COMPETENCES ET TALENTS)の更新が却下、VISITEUR VISAで出直したいが、、、

質問。私は2013年3月30日までコンペタンス・タロン(ダンサーの滞在許可書を所持しておりましたが、3月1日付のPREFECTUREからの手紙で更新の許可が下りず、フランスから出国し母国に帰国してください、という手紙をもらいました。
理由としては、過去3年間十分な収入が無いために所得税を納めていなかったこと。去年、日本人とパリで結婚した旨を伝え、追加書類として 主人の書類も提出しましたが、再考されませんでした。しかし、主人が6年フランスで就労し所得税を納めているので、家族呼び寄せビザを申請する資格があると勧められまし た。
家族呼び寄せビザを申請しようと考えましたが、申請手続きに半年以上かかるというのを聞いたので、二人とも準備期間が不足しているので、少しでも早く戻れる他の手段はないかと思い、ビジタービザを申請する決心をしました。
申請書類にある、「フランス滞在中における日本の社会的立場の立証・?詳細を明記した動機書」を、私の今の現状でどのように記せばよいでしょうか?日本の社会的立場の立証は、私の専門職がダンス(肩書はダンサー)なので、少々難しいです。今現在、アルバイトをしていますが、正社員として雇用されているわけではありません。必ずしもビザがおりるわけではないと理解していますが、何か良いアドバイスはないでしょうか?
見立て。
質問者は、フランスに配偶者(夫)が職を得て居住しているので、共同生活をするために渡仏したい。この立場で
よいのではないでしょうか。 「フランス滞在中における日本の社会的立場の立証・詳細を明記した動機書」は、質問者の立場(配偶者として渡仏)には折り合いのよくない書類ですが、あえて記すとすれば、「私はダンサーとして過去にこれこれのような活動をしてきたが、結婚によってしばらくは休むつもりである。ビジター・ビザではフランスで職業活動ができないことも承知している。それでもダンスの研究は続けたいので、フランスではパリ・地方都市を問わず、様々なダンス公演を見歩いて研究を‘深め、将来に備えたい」といったようなことでしょうか。
質問者は職業人として渡仏するわけではなく、配偶者として渡仏するのですから、この程度の記述でよいのではないでしょうか。
それ以上に問われるのは、フランス在住の配偶者(夫)の収入です。ビジター・ビザはフランスで職業活動ができない(夫婦共稼ぎができない)のですから、夫の収入とは別に「私自身もこれだけの滞在費の用意があります」としたいですね。
最後です。「あなたの場合はビジタービザではなく、家族呼び寄せビザが適当です。ご主人に家族呼び寄せ手続きをしてもらいなさい」の対応になる可能性もありそうです。

2013年6月4日
滞在相談室  担当  岡本宏嗣
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

前回、コンペタンス・タロンの滞在許可書の許可が下りず、家族呼び寄せビザかビジタービザ、どちらの申請が現在の私の状況に適しているかと問い合わせたものです。

現在、パリで就労ビザで働く主人が家族呼び寄せビザ申請の準備を進めているのですが、6月18日に更新のランデブーを控え1つ質問があります。
実は、家族呼び寄せビザを申請するにあたって、現在住んでいるアパートでは申請が難しくなりそうなので、引っ越しをするのですが、ランデブー後の引っ越しなのでまだ書類が揃わない為、現在の住居証明になります。
できれば、レセピセを貰ってから直ぐに家族呼び寄せビザ申請をしたいのですが、やはり、レセピセを頂いてから直ぐに住所変更は不可能なのでしょうか?
住居証明に必要な書類が十分に揃っていればすぐに対応してくれるのでしょうか?
改めて、ランデブーを取らないといけないのでしょうか?
ちゃんと滞在許可書を頂いてから、住所変更をし家族呼び寄せビザ申請という過程で準備した方が良いのでしょうか?
宜しくお願い致します。
プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR