FC2ブログ

滞在許可申請中、更新中の一時帰国、フランス政府公報(SERVICE PUBLIC)より

質問
滞在許可更新中に一時帰国して再びフランスに戻ってくる場合、レセピセがあればフランス再入国に
問題はない。ただし、滞在許可証の初回申請の際のレセピセはダメで、更新申請の際のレセピセならよい
という情報を耳にします。これは本当でしょうか。
見立て。
初回申請であれ更新申請であれ、トラブルにはならない牧歌的な時期がありましたが、現在は、出国・再入国が厳しくなっていますので「手続き中の一時帰国は控えるのが安全。カードを手にしてから動くことをお勧めします」が見立てです。
さて、フランス政府の行政案内ページがあります。service-publicといいます。 http://vosdroits.service-public.fr/F12189.xhtmlで出てきます。
これによりますと、
(1)フランス出入国が自由なのは、

*d'un titre de séjour(滞在許可証)
*ou d'un document provisoire de séjour, sauf exceptions(仮滞在許可証)
*ou d'un visa de long séjour valant titre de séjour .(長期滞在VISA)
の所持者とされています。そして、un titre de séjour(滞在許可証)としては、
la carte de séjour temporaire(SALARIE/ETUDIANT /VISITEUR/VIE PRIVEE ET FAMILIALE/SCIENTIFIQUE etc(以上は通常は1年もの), SALARIE EN MISSION(3年もの)
la carte de résident(10年カード)
la carte de séjour compétences et talents(3年もの)
の所持者とされています(日本人に直接関係のない滞在身分の滞在許可証は除きます)。
さらに「仮滞在許可証」として出入国が自由なものとしては(un retour sans visa en France)、
toutes les autorisations provisoires de séjour, sauf ce(lles délivrées lors d'une demande d'asile(すべてのAPS(臨時滞在許可票)
le récépissé de demande de renouvellement de titre de séjour. Ce récépissé ne doit pas être expiré. Il doit être accompagné du titre de séjour périmé. (更新申請の際のレセピセ。レセピセは有効期限内であること。また、期限切れの滞在許可証を提示できること)。
このようにされています。ここに、le récépissé de demande de renouvellement de titre de séjour(滞在許可証の更新申請の際のレセピセ)とあります。これが、質問にある「更新申請の際のレセピセならよい」いいかえれば「初回申請の際のレセピセはダメ」の情報源の一つでしょう。
さらに、以下のような規定が続きます。この規定は正確には日本国籍者(日本国パスポート所持者)には該当しないのですが、「初回申請の際のレセピセはダメ」の情報源になっていると見ています。
S'il quitte la France, l'étranger non européen, qui est d'une nationalité soumise à visa, ne peut pas y revenir librement (ou dans un autre pays de l'espace Schengen), s’il est titulaire :
非 ヨーロッパ圏の外国人でVISAを必要とする国籍者は、以下の状態ではフランスに自由に戻ることは出来ない。d'un récépissé de 1ère demande de titre de séjour(滞在許可証の初回申請の際のレセピセ)
ou d'une autorisation provisoire de séjour ou d'un récépissé délivré lors d'une demande d'asile. (APS(臨時滞在許可票))
Pour pouvoir revenir en France, il doit déposer une demande de visa consulaire de retour  auprès du consulat français à l'étranger.
これらの国籍者がフランスに 戻る ためのは 再入国VISA(VISA DE RETOUR)をフランス総領事館で取付けねばならない。
Dans des situations exceptionnelles (cas humanitaires ou de force majeure, voyages d’affaires...), un visa de retour préfectoral peut toutefois être accordé par la préfecture du domicile avant le départ pour l’étranger .
特別の事情(人道上、不可避な事情、役員会議やビジネス契約交渉など)がある場合は
フランス出国に先立って再入国VISA(VISA DE RETOUR)をPREFFECTURE(県庁)が発給することがある。
Cette délivrance est laissée à la libre appréciation du préfet, qui peut la refuser. Des justificatifs sont demandés.
この再入国VISA(VISA DE RETOUR)の発給は、県庁長官にの権限にあり、発給が拒否れるることもある。
このようにあります。上述したように、以上のことはune nationalité soumise à visaの国籍者向けのもので、日本はune nationalité non soumise à visaです。このページにnon soumise à visaの
国のリストがあり、日本はそのリストに入っています。soumise à visaというのは、フランスに1日だけ滞在するにもその国のフランス総領事館で事前にVISAを取付けなければフランス入国・滞在できない国のことです。
日本はフランスとの間に3か月を越えない滞在についてはVISA相互免除協定(交換公文)があるので、
non soumise à visaの国ということです。正確にはこういうことなのですが、non soumise à visaの国
の場合はun récépissé de 1ère demande de titre de séjour(滞在許可証の初回申請の際のレセピセ)でも自由に出入国できるとはされていません。こういう入り組んだ事情から「動かないのが安全」」になります。
なお、当相談室に入った報告では、
*PREFCTUREから再入国VISA(VISA DE RETOUR)が発給されたのが1件
*在日フランス大使館から再入国VISA(VISA DE RETOUR)が発給されたのが1件
あります。前者は「権威ある研究機関の責任者からの一筆があって特別に発給された」の報告でした。
後者は「親族の不幸だったので発給された。親族の不幸の場合しか再入国VISA(VISA DE RETOUR)は発給
しないそうです」の報告でした。

2013年5月2日
滞在相談室  担当  岡本宏嗣
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちわ。
6月に10年カードを申請予定のmeloと申します。
結婚3年目、3回目の申請なので、県庁で10年用の申請用紙を渡されて、準備中です。
今年の夏、7月半ばから日本へ一時帰国するのですが、
1ヶ月で滞在許可証は届かない(今まで大体3ヶ月かかっています)
と思うので・・・少し不安です。
県庁で聞くとレセピセでも問題ないということですが・・・

レセピセで帰ってこられた方はいないのですね。


No title

こんにちは。
記事、とてもわかりやすくためになりました。ありがとうございました。
もしもご存知だったら教えて頂きたいのですが、期限切れの滞在許可証(学生)と更新用RDVがあることを証明する紙(レセピセではなく)でも日本一時帰国は可能なのでしょうか?
9月末に滞在許可証の期限が切れるのですが更新のRDVが12月にしかとれず、11月末にどうしても日本に帰国しなければならないという状況で、ちょっと焦っています。
ご教授頂けましたら幸いです。お願致します。

結婚後の滞在許可証の為のレセピセについて

こんにちは。

私は昨年9月19日にパリ郊外にあるMeaux市でフランス人と結婚しました。

私はフランスで彼と出会った訳ではないので結婚の予約をする為にフランスに初めて行き、予約を取った後90日が過ぎない様に日本に1度帰り、予約の3日前にフランスに発ちました。

結婚が決まった時、東京にあるフランス大使館にメールで結婚する為に渡仏する際に何らかのビザを取得しなくても良いか訪ねた所シェンゲン国なので何のビザも取得しなくて良いと返信があったので、何のビザも持たず入国後meaux市の区役所で結婚し、結婚後の滞在証について義母がministre de l'interieur (mr valls)宛に手紙を送り訪ねた所、移民局(prefecture)に送る為の書類と質問の返答に対する手紙が同封されて届きました。


手紙には日本に帰らず結婚6ヶ月後に住んでいる街にある移民局(prefecture)に書類と同封されていた手紙を送付するように指示がありましたので指示通りに送付した所1週間後に移民局から書類が戻ってきて同封したはずの書類をもう1度送るよう指示がありました。

その封筒の中には同封したはずの書類が消えていましたが何も訪ねずもう1度用意して再送しました。

それから5ヶ月経過した今も、どこからも何の連絡もないので旦那さんが何度か移民局に電話をして訪ねても、わからない。何か連絡がいくまでフランスから出ずに自宅待機して下さい。の一点張りで相手にしてもらえないので、何度か移民局まで早朝から5時間近く列に並び出向きましたが受付の時点で、わからない。私には何も出来ない。や手紙で文章にして送って下さい。(1ヶ月前に送った後返事はありません)や日本に帰ってビザを申請しなおせばいい。と名前すら聞いてもらえず帰されたので受付の人では正確な事を言ってもらえているとは思えずその後何度か受け付けてもらえるまで毎日の様に電話をし全て伝えるとやっと名前を聞いてもらえパソコンで調べてもらった所名前はあるが詳細は不明。日本に帰ってビザを申請してもいいがその後の事は保証できないので、もし東京にあるフランス大使館で配偶者ビザを却下されても移民局では何も出来ない。と言われ、どうしたらいいか訪ねても、わからない。担当者に変わってほしいと言っても担当者なんてわからない。担当者は調べれないと言われた後、もう切るわよと言って一方的に切られました。


パリにあるフランス大使館に相談した時担当者が誰か聞いてみて下さいと言われたので聞きましたが教えてもらえずでした。
パリにある大使館の方はとても親身になってくれましたが、
東京にある大使館にメールでこの様な状況の後日本に帰って配偶者ビザがおりるか聞いてみて下さいとの事でしたので3週間前に東京にあるフランス大使館にメールをしましたが返答はありません。

こうなったらもうどこに相談すれば良いのかわからず住んでいる街にある相談所に行くと弁護士を紹介されましたがその弁護士も3ヶ月待ちで受け付けてもらえません。

もう1年も不法滞在者なのにフランスから出ずに自宅待機しろと言われた私はどうすれば良いのでしょうか。

どこに相談すればいいのか、もうわかりません。



2週間程前、1度家に警察がきて旦那とどこで知り合ったか等を聞かれ家も見て回られました。私は旦那さんの実家に住まわせてもらっていますのでその場にいた義弟が先に応対し私が警察が来ている事を後から知ったのでどうして来られたのかは聞いていません。

旦那さんがその後警察署に行って家まで来た人に会いたいと訪ねましたら翌日来て下さいと言われたので出向きましたら誰も行っていないと言われました。


一体私はどうすれば良いのでしょうか。
警察がきたという事は滞在証がもう出ている事になっている可能性はありますか??

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

はじめまして。オランダ留学中、現物の滞在許可証が申請中でまだ取得できないうちに日本に帰国し、オランダに戻る途上、フィンランドで入国拒否をされた方から相談があり、結局はイタリア同様、留学のために滞在許可証を申請中と証する証は、発行国内のみで有効だと分かりました。テロ事件のために国境警備も厳しくなり、同じような経験・思いを他の日本の方がされないように、移動前に各国の関係当局に訪ねるようにすすめる記事を書いたのですが、その中で、詳しくていねいに説明をされているので、参考例としてこちらの記事のリンクをいただきました。同時に調べていたら、2015年夏に、まだレセピセだけで滞在許可証のない段階で、仏に戻る途中にドイツで足止めをされ、幸い「今回だけは」と入国と許可してもらえたけれども、実際いはレセピセではEUには入国できないと言われて、最終判断が分かるまで青くなったというご当人のブログ記事も見つかりましたので、そちらへのリンクもいただいています。以上、もし引用リンクに支障があるようでしたら、ご連絡ください。以上よろしくお願い申し上げます。
・EU国滞在許可証申請中の帰国、入国・搭乗拒否のおそれあり~欧州留学・移住とシェンゲン協定2
http://cuoreverde.exblog.jp/25242687/

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

更新申請中の入国

他のシェンゲン国の滞在許可証更新申請中の受領証ではパリ乗り継ぎで滞在国に戻って来れない。というのは現在も変わってませんか? 自分は今年2月にイタリアの受領証でパリ乗り継ぎできました。ラッキーだったのでしょうか?イギリスやトルコなどシェンゲンでない国で乗り継げばこの問題は回避できる理屈でしょうか?

No title

追伸です。トルコやイギリスで乗り継いでシェンゲン国に入国する場合、トルコやイギリスの入国審査はないという理解であってますか? 下記のイタリア当局の記述では直行便となってるようにも見えますがシェンゲン国外での乗り継ぎと理屈は同じではないでしょうか?

http://www.poliziadistato.it/articolo/213/
プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR