FC2ブログ

ビジター・VISAと学生VISA

質問。夫がリヨンの大学院に進学するため、私自身も渡仏を予定しています。
私の場合は、visiteurビザになると思うのですが、大使館のHPで、visiteurビザは、Diploma、Certificateを目的としない語学学校が対象となっていました。
学校は、リヨンカトリック大学あるいはリヨン第2大学のフランス語コースを希望しているのですが、
両方の学校でIntensiveコースではdiploma、Certificateが出ると記載されていました。
Visiteurビザの場合、語学学校に通える時間数の上限が決まっているのでしょうか。
それとも、入学時にDiploma不要というような宣言をするのでしょうか。
Visiteurビザで入国し、たとえば半年後など途中から現地で語学学校に入学申請をすることは可能なのでしょうか。Visiteurビザや学生ビザで入国し、有効期限の間の出入国に制限はありますか。
お答え。
(1)学生・留学VISAとVISITEUR VISAの違いを述べたものでしょう。
学生は年間964時間上限で労働することができること、住宅手当がもらえること、の恩典があります。
従って、登録先の教育機関は、diploma、Certificateが出せる認可校であること、週あたり20時間見当
の授業のあること(のコースを選ぶこと)の条件があります。この条件を満たしていない場合は、学生
VISAは出しませんよ、が背景にあります。
従って、質問者が夫と同様に学生・留学VISAで渡仏したいのであれば、この条件を満たす必要があり、
満たしていない場合はVISITEUR VISAになりますよ、と読むべきでしょう。
但し、夫婦とも揃って学生VISAの申請は敬遠される傾向にあるようです。
(2)語学留学の場合は、認可された語学教育機関に(仮)登録し、週20時間見当の授業を受講することが学生・留学VISAの発給条件になりましょう。いいかえれば、例えば市が運営している無料もしくは無料同然の語学教室、教養・趣味講座、市中の私塾などは不可ということです。
一方、VISITEUR VISAは学業・学位の習得や職業資格の取得を滞在目的にしていないので、
なんらかかの学校で学ぶにしても任意、自由になります。
(3)そのことは、渡仏後、滞在許可証の申請の手続き、さらにはその更新の際に明らかになります。
学生滞在者は、登録証明あるいは在籍証明を提出しなければなりません。例えば、語学学校のように、
週4時間発音訓練コース、週10時間**コース、週N時間***コース、、、、、が選択できる場合、
週20時間見当のコースでなければなりません。2コースに登録し合わせて週20時間見当にしている学生も目立ちます。また、更新の場合には、今後の登録証明だけでなく、前年度の学業習得状況を求めれることがあります。学校によって、「**コース終了証明」とか「**教程修了試験合格証明」など証明書の書式は多種多様ですが、とにかく「去年1年、きちんと勉強してきたのでしょうね」ということです。これは、上述のように、学生滞在者が年間964時間上限で労働することができること、住居手当(ALLOCATION DE LOGEMENT)がもらえることから、とかく発生しがちな「名目学生」のチェックということです。
(4)一方、VISITEURの滞在許可証にあっては、「この地フランスでは職業活動をしていない」ことだけが
チェックポイントで、どこの学校にどう通っていようがそれはあなたの自由、ということです。
質問者が留学生の夫に同伴する配偶者としてVISITEUR VISAを取得した場合、問われるのは
夫と婚姻関係にあることの証明、生活財源の証明(夫との共通口座あるいは単独口座の残高証明)です。
「Visiteurビザの場合、語学学校に通える時間数の上限が決まっているのでしょうか。それとも、入学時にDiploma不要というような宣言をするのでしょうか。」とありますが、そんなものはあり得ません。
学生滞在には下限がありますが、Visiteur滞在には下限も上限もありません。
「Visiteurビザで入国し、たとえば半年後など途中から現地で語学学校に入学申請をすることは可能なのでしょうか」は、もちろん可能です。前出の市が運営している無料もしくは無料同然の語学教室、教養・趣味講座、市中の私塾などでも一向に構いません。
(5)Visiteurビザや学生ビザで入国し、有効期限の間の出入国に制限はありますか、です。
滞在初年度は、渡仏直後にOFII(移民局)に滞在登録手続きをして滞在登録シールをもらいます。この手続きに3か月見当(パリの場合)かかりますが、手続き終了後は出入国は自由です。手続き中の出入国は控えた方が無難でしょう。
2013年4月Ⅰ6日
滞在相談室  担当 岡本宏嗣
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR