FC2ブログ

夫が就労VISAで渡仏予定、妻のVISAは?

質問。
就労ビザで働いている日本人の、配偶者のビザについてです。
夫は、2012年4月よりワーキングホリデービザで渡仏しており、現在、夫の会社を通して、就労ビザを申請中です。就労ビザがおり次第、再渡仏する予定です。
私は夫の半年後、2012年10月にワーキングホリデービザを取得しました。有効期限は9月までです。その後、別のビザを取得し、再渡仏しようと考えています。
(1)9月にワーキングホリデービザが切れた後、最短で再渡仏できるビザの種類は何になりますでしょうか? できれば就労可能なビザが希望です。
(2)例えば「家族呼び寄せビザ」は、夫が1年半フランスで就労し、その 後申請できるとのことですが、ワーキングホリデービザで働いていた期間も含めることはできますか?
お答え。
(1)VISAについて
フランスに夫がSALARIEとして滞在しています。これが申請の前提になりますと、
①私はその配偶者ですので、夫と一緒に生活するために、が渡仏目的にになります。これは通常はVISITEUR VISAです。就労は不可です。
②学生VISAは年間964時間労働が上限で就労できます。しかし、VISITEUR滞在でも学校に行き勉強することはできますので、学生VISA申請は「要するに、学業が目的ではなく働きたいのでしょう」と判定されれば、却下もあり得るでしょう。夫はパリだが私はボルドーで***を学びたいのです、など特別の
学業目的があれば、学生VISAがおりることもあるでしょう。
③夫とは関係なく、独自に職業展開したい、ということであればCOMPETENCES ET TALENTS VISA が該当しましょう。
(2)家族呼び寄せについて
通常、ワ―キングホリデー滞在は滞在年数にカウントされません。
申請窓口では受け入れてくれて「通りました」の報告を受けたことがありました。その後、程なくして
「もっと上の方審査でひっかかったみたいです。ワ―キングホリデー滞在は勘定にいれないようです。
不可の通知がきました」のヌカ喜びに終わった実例もあります。以下、このブログで再三触れていることです。
ワ―キングホリデーはTRAVAIL ET VACANCEといいますが、フランスとこの協定のある国は7か国だけです。
また、この協定は外務省の管轄なので、滞在許可関連(内務省管轄)の窓口によく知られていないキライがあります。どう扱われるか、はっきりしないことがありますが、結局、滞在年数にはカウントされない
になるようです。
2013年3月31日
滞在相談室  担当  岡本宏嗣
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR