FC2ブログ

ワーホリとAUTORISATION PROVISOIRE DE TRAVAIL(APT・臨時労働許可)

質問。
2011年1月24日付「ワーホリ・STAGE・出張」というタイトルでの説明文の文末に「最後に、『フランス大使館からの案内手引に記載のあった外国人労働管理局への申請』は必要なくなりました」とありますが、最近パリで仕事が決まり、仕事を始める前に労働管理局へ行かなければと思っていたのですが、必要がなくなったとはどういうことでしょうか。参照サイトがありましたら教えていただけますか。
お答え。
具体的にはAUTORISATION PROVISOIRE DE TRAVAIL(APT/臨時労働許可)の取付けです。
この取付けが不要になったということですが、パリの外国人労働管理局DDTEFP/MOE(127 Bd de la Villette 75010 Paris METRO JAURES下車)で確かめてください。
フランスとワーホリ(TRAVAILーVACANCES)協定を結んでいるのは、日本、ニュージランド、カナダ、オーストラリア、韓国の5か国です。対象となる外国人が5か国に限られるので、公式サイトはない模様です。ご足労ですが、実際に足を運んでいただくのが確実です。
なお、ワーホリとは直接関係しませんが、DDTEFPという役所名は2010年7月1日付でDIRECCTEに改称する、と発表されています。

在仏日本人会 滞在相談室  担当  岡本 宏嗣

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR