FC2ブログ

学生からSALARIEへの身分変更が却下、いつまで合法的に滞在できる?

質問。学生を5年し、去年サラリエに身分変更の申し込みをしましたが、却下されました。学生の身分も去年の10月末で切れており、現在は身分変更申請時に受け取った2月中旬までのレセピセでの滞在です。
弁護士に却下に対する異議申し立ての可能性を聞いたところ無駄であろうとのつれない答えだったため、他の可能性を探りたいと思っているところです。
こういった場合、レセピセが切れてすぐ(または切れる前)にフランスからでなければ今後再度フランスへ入国するのに支障が出るのでしょか?レセピセが切れて3か月以内に出れば問題ないのでしょうか。
お答え。
学生からSALARIEへの身分変更が却下されたとのことです。PREFECTUREから送付されてきた却下通知状はどうなっていますか。却下通知状には数種あります。これまでに当相談室で確認できたものとしては、
(1)却下理由が記されているのみ。
(2)却下理由に加えて「当通知状の日付けから1か月以内にフランス国外へ退去のこと」の退去勧告が記されている。
(3)上記(2)に加えて、現在手持ちの有効期限内の滞在許可証(レセピセ含む)を無効とする、の
追記がある。
質問者の場合、その質問文面から(1)のようです。そうであれば2月中旬までのレセピセ有効期間までは滞在できるでしょう。また、滞在許可証(レセピセ含む)の有効期間を越えて1か月以内であれば「強制送還」の対象にはならない(外国人滞在管理法L511-1のⅡ-4⁰)の規定もありますが、有効期間内に帰国するのが無難でしょう。時折、「滞在許可証(レセピセ含む)の有効期間が切れた後、3か月は観光滞在につなげられるのでは」がありますが、これは不可です。
2013年1月4日
在フランス日本人会  滞在相談室  岡本宏嗣
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR