FC2ブログ

配偶者ビザでの就労、社会保険加入の有無・所得税は?

質問。現在日本企業に勤める主人の海外赴任に帯同し、パリに住んでおります。配偶者ビザですが、就労可能なビザであると会社からいわれております(carte de sejour temporaire)。
現在フランス語を勉強中ですが、機会があれば残りの数年間就労してみたいと考えております。
そこで質問ですが、就労するにあたり問題となる点はどのようなことでしょうか。
例えば、
(1)社会保険には必ず加入しなければなりませんか?(現在は主人の扶養で日仏社会保障協定(?) によりフランスの社会保険は未加入です)
(2)現在、主人の所得に関する税金関係の処理はすべて主人の会社が行っておりますが、私にかかって
くる税金に関しては、私個人で申告等の作業を行う必要が出てきますか?
(3)フランスの税金のシステムを把握しておりませんが、私が運よく仕事に就けたとしても、その限ら  れた収入から引かれる税金が余りにも多く、手元には少額しか残らないといった現象も考えられますか?
(4)フランスの税金システムは非常に複雑だと聞いたことがありますが、本気で就業を検討する場合、
事前に税理士さん等に相談したほうがよいものでしょうか?
お答え。
質問文面からご主人の滞在VISA・滞在許可証はSALARIE EN MISSION(3年もの)、配偶者である質問者のそれはVIE PRIVEE ET FAMILIALE(1年もの。1年ごとの更新)でしょう。手元のカードでそれぞれ
ご確認ください。VIE PRIVEE ET FAMILIALEであれば就労可能です。
(1)フランスで就労する場合、フランスの社会保険に加入するのが原則です。ご主人はSALARIE EN MISSIONという滞在身分から日仏社会保障協定が適用されフランス社会保険への加入が免除(5年間を越えない期間)されますが、その配偶者(質問者)がフランスで就労する場合は適用対象とはならないでしょう。
なお、加入手続きは就労先の会社が行います。
(2)文面に「主人の所得に関する税金関係の処理はすべて主人の会社が行っております」とあります。
「所得に関する税金関係」とは具体的には「所得申告と所得税の支払い」です。フランスの所得税は
毎月の給与からの自動天引き(および年末調整)方式ではありません。1月から12月までの1年間の
所得を翌年5月末日締め切りで申告します。実際には会社の会計が所得申告用紙に必要事項を記入し
「ハイ、ここにサインしてください」でしょうが。
もうひとつ。フランスの所得申告は所帯単位の申告です。1枚の所得申告用紙に夫・妻の所得をそれぞれ
記入する方式です。妻に収入がない場合は、ゼロ記入になります。所得税は、所帯収入(夫婦所得の合算)と家族指数(家族数)から算出されます。このように、所帯単位ですから質問者だけが個人的に単独で行うものではありません。
(3)給与から自動天引きされるのは社会保障各種の負担金です。給与額面100に対して20-25%の負担、手取りは75-80%とお考えください。
(4)「事前に税理士さん等に相談したほうがよいものでしょうか?」ですが、これはご自分でご判断ください。当相談室では、毎年5月初旬に「所得申告説明会」を開いています。説明会受講者には
別途に「個別相談」にも応じています。
2012年12月03日
在フランス日本人会  滞在相談室  担当  岡本宏嗣
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR