FC2ブログ

地方からパリへ移転、そしてCOMPETENCES ET TALENTS申請

質問
地方在住者で、VIE PRIVEE ET FAMILIALE を持っています。DIPLOME はフランスで2007年にいただいたARTのMASTERです。今の仕事は、ANIMATRICE  D’ART PLASTIQUE で週17時間ほど働いています。もう一つの仕事は日本語教師で週6時間です。両方合わせて週23時間、両方ともCDIです。
ところで、近々にPACSを解消し、COMPETENCES ET TALENTSの申請をしたい
と思っています。また、今の仕事を全部やめてパリに住もうと思っています。
以上の条件でCOMPETENCES ET TALENTSがもらえるでしょうか。 
もしCOMPETENCES ET TALENTSがおりなかった場合、何日間フランスにいられますか。また、フランスに戻ってくることは可能でしょうか。
お答え。
質問者の今後の「動き」を時系列で整理して見ますと、
①PACSを解消する。
②現在の2件の仕事を辞めて、地方からパリへ引越しをする。
③滞在許可証(あるいは、それに準ずる1年目のVISA)のCHANGEMENT DE STATUT
(滞在身分の変更)すなわちVIE PRIVEE ET FAMILIALEからCOMPETENCES ET TALENTSへの変更申請をパリでする。
こういうことになるのでしょうか。それが可能かどうか、そういう質問と解釈します。
いくつかの難点があります。
④COMPETENCES ET TALENTSへの変更申請をパリでする場合、パリあるいは
パリ近郊で仕事が見つかっていなければなりません。質問者は、地方での現在の仕事
を辞めてパリに移動するとのことですが、変更申請には「こういう仕事が既に決まっています」が必要です。
⑤滞在許可証(あるいはそれに準ずる1年目のVISA)の滞在身分から見ますと
VIE PRIVEE ET FAMILIALEとCOMPETENCES ET TALENTSは
「就労して収入を得ることができる」の観点から見ますと同格です。
*会社などに勤務して給与収入を得る(SALARIE)
*会社など法人を設立して経営に当たる(SARLのGERANTなど)。
*会社など法人は設立せず、個人の資格で職業活動に従事する(総称TRAVAILLEUR INDEPENDENT。具体的にはCOMMERCANT/ARTISANT/PROFESSION LIBERALE)。
両滞在身分とも以上が全て可能です。いいかえれば、VIE PRIVEE ET FAMILIALE
の滞在身分者がCOMPETENCES ET TALENTSの滞在身分へ変更する必要はない
といえます。こういう両滞在身分の関係から、PACSを解消してVIE PRIVEE ET FAMILIALEを維持できなくなったということで、今度はCOMPETENCES ET TALENTSに変更しようとすることは規定外、変則的といえましょう。
⑥パリでのCOMPETENCES ET TALENTS申請は、これまでの傾向を見ますと
ビジネス起業や先端技術系のジャンルが優先的に採用され、文化’・芸術系ジャンルで許可されたケースがきわめて少なくなっています。質問者はARTのMASTERということですので、ジャンルとしては不利といえましょう。
以上からご判断ください。
⑦COMPETENCES ET TALENTSが却下された場合、「何日間フランスにいられるか」
はわかりません。「却下する」という通知だけの場合もあれば、却下に加えて
「本通知状の日付から1か月以内にフランス国外退去」の勧告がきされていることもあります。
⑧フランスに戻ってくるためには何らかのVISAを取り直してくる必要があります。
3か月滞在上限の観光滞在なら別ですが。

2012年2月24日
在仏日本人会  滞在相談室  担当  岡本宏嗣

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR