FC2ブログ

この9月から子どもを私立校の幼稚部・年長クラスに通わせています。 最近になって、学校の事務局からCOUVERTURE SOCIALEの提出を求められたのですが、、。

この9月から子どもを私立校の幼稚部・年長クラスに通わせています。
最近になって、学校の事務局からCOUVERTURE SOCIALEの提出を求められました。
COUVERTURE SOCIALEというのはSECURITE SOCIALEのことだと思うのですが、主人は加入していますが、私は一度加入申請が却下されて、再申請中です。
9月の入園手続の際には問題がなかったことが、なぜ今頃になって、という疑問があります。子どもの母親である私のSECURITE SOCIALEが再申請であることが、学校側に連絡されて、このようなことになったのでしょうか。提出出来ない場合、子どもに影響するでしょうか。

お答え・見立て。質問者Aさんが健康保険ASSURANCE MALADIE(SECURITE SOCIALEの)に加入再申請中であることと何の関係もないでしょう。単なる学校事務局の事務処理上の都合,事情ではないでしょうか。
(1)文面に「子どもの母親である私のSECURITE SOCIALEが再申請である」とありま
す。これは正確な表現ではありません。「SECURITE SOCIALE(SECU)の中の健康保険=ASSURANCE MALADIEに加入再申請中」ということでしょう。申請窓口は居住地区のCPAM(CAISSE PRIMAIRE DE L’ASSURANCE MALADIE)ですよね。

(2)ここで、COUVERTURE SOCIALEとされているのは、お子さんの健康保険ASSURANCE MALADIEでしょう。「主人は加入しています」とありますので、18歳未満のお子さんは保護者(ここでは主人)のAYANT DROIT(扶養家族)です。上述のCPAMに証明書をだしてもらえばよいことです。配偶者(ここでは妻であるAさん)も2015年まではAYANT DROIT(扶養家族)登録ができましたが、2016年度から18歳未満の子どもだけになっています。お子さんは少なくとも両親の一方のAYANT DROIT(扶養家族)であればよいので、母親であるAさんがASSURANCE MALADIEに 未加入であることにいささかの不都合はありません。

(3)また、TRAJET(通園・通学途上)、SORTIE(見学や遠足などによる外出)での事故をカヴァーするMUTUELLE(補助保険)もあります。未加入であれば、加入しておきかしょう。MUTUELLE(補助保険)への加入証明を求める学校もあります。

(4)「9月の入園手続の際には問題がなかった」ことが「今頃になって」とあります。
これは、学校事務局の事務処理上の都合でしょう。あるいは、Aさん側の入園(学)登録申請書への記載不備が今頃になって判明したのかもしれません。同申請書には保護者のSECU番号を記入する欄があるはずですが、何のことかよく分からず空白で提出したとか、SECU番号とは別の何らかの番号を記入してしまった、といった不備です。

(5)文面を見ますと、私立校の幼稚部年長クラスともあります。この私立校は、幼稚部(2~3年制)→小学部(5年制)→中学部(4年制)(さらに高等部(3年制)も設置されていることがある)一貫校のようです。こうした一貫校では進級による登録継続が学校側の事務処理になりましょう。Aさんのお子さんの場合、幼稚部に引っ越しによる転園生が出て、急遽の欠員募集で入園したのではないでしょうか。この場合は、在園・在校生の登録継続事務処理が一段落付いたところで「さて、次ぎに転園・転校生についての書類チェック」が「今頃になって」になったとも推測できます。

いずれにしても「今頃になって」がAさんのCOUVERTRE SOCIALEのチェックでないことは確かでしょう。

2019年12月27日 相談室   岡本 宏嗣
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR