FC2ブログ

VISITEUR とSECURITE SOCIALE(SECU)/CMUへの加入

質問。
SECURITE SOCIALE(SECU) の加入についてです。2011年7月にビジタービザで入国し、2011年12月にフランス人パートナーとPACSをしました。12月中旬に SECUへの加入を申請し全ての書類を提出したところ、ビジタービザでの加入は不可とのことでした。既に滞在許可証もあるのですがPACSをしたばかりなので、ま だVIE PRIVEE ET FAMILIALEではありません。ビジタービザではSECUへ の加入へ出来ないのでしょうか。また、このような場合は、CMU:Couverture maladie universelleでしたら加入出来るか教えていただけますでしょうか。
お答え。
質問に「SECUへの加入」とありますが、ここでいう加入とは「AYANT DROITとしての登録」ということですね。AYANT DROITとは、日本でいう扶養家族のことです。
フランスでは「妻(夫)、子ども」の「家族」以外にも「PACSのパートナー」、「同居・同棲者」(CONCUBIN/CONCUBINE)も「AYANT DROIT」として認められています。
さて、VISITEURの滞在身分で登録不可となった、とありますが、
(1)それはCPAM(SECU窓口の正式名)からの文書回答でしょうか。
(2)それともCPAM窓口の担当者が質問者の提出書類をチェックしながら
「あっ!、VISITEURじゃダメです」と口頭でいったことでしょうか。
もし、(1)であれば、その文書を読ませてください。メールあるいはFAXで送信
してください。メールはokamoto@nihonjinkai.fr
FAXは01 4723 0576です。
(2)であれば、窓口担当者のまちがいでしょう。VISITEURをTOURISTEと混同したのではないでしょうか(後記参照)。
(3)AYANT DROITとしてではなく、独自でCMUに加入することももちろん可能です。
ただし、VISITEURをTOURISTEと混同されると同じ対応になることがあり得ます。これについては当相談室での前例があります。回答者(僕のことです)は
CESEDA(外国人管理法)L-3163-6条のコピーを渡しして「窓口でこれを
見せてみなさい」としました。その後「窓口に条文コピーを見せたら、無事加入できました」の連絡がありました。L-3163-6条はVISITEURを定義した条項で、これを読むとTOURISTEとは違うことが直ちにわかる条文です。
なお、以上のこととは別のことですが、VISITEUR がCMUで保険をカヴァーすることはパリ(PREFECTUREDE POLICE)では歓迎していませんので、滞在許可証の更新時にトラブルことがあり得ます。

最後に、繰り返しになりますが、登録不可がCPAM(SECU窓口の正式名)からの文書回答であれば、上記のこと、よろしくお願いいたします。

2012年Ⅰ月4日  在仏日本人会滞在相談室  担当 岡本宏嗣
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR