FC2ブログ

アーチストです。2013年より在仏、現在までヴィジターです。2018年頭にパスポールタラン申請しましたが、まだ結果が出ず、かれこれレセピセを6回くらいもらっているのが現状です。先行きが見えないので、、、、

質問。アーチストです。2013年より在仏、現在までヴィジターです。2018年頭にパスポールタラン申請しましたが、まだ結果が出ず、かれこれレセピセを6回くらいもらっているのが現状です。先行きが見えないので、周囲の人がしているように日本の仏大使館から取り直したいのですが、この宙ぶらりんな状況でそれが可能なのかも不明です。    また、在日仏大使館サイトのPT必要書類欄に「雇用契約書」の提出があり、となるとそちらも用意できない状態ですので、この際PTは諦めようかと考えております。一方、ヴィジターを5年やっていますので、CDRを申請できることはあるようですが、それには過去5年の所得申請をする必要がありますね?この場合、ヴィジターですのでフランスでの労働はしておりませんが、どのように申請したらよいのでしょうか?(日本で得た収入の申請?!)CDRが取れたらPLよりも色々な仕事が出来るようなのでCDRに挑戦しようかと、、。その場合、現在申請中の宙ぶらりんの物は県庁に出向き「中断」してもらうことは可能なのでしょうか? 

お答え・見立て。事情が輻輳しているので、当ブログで個々の質問にはお答えしきれません。相談室(下段に利用案内)をご利用ください。                 ここでは、職業は「美術系ARTISTE」、滞在許可証はVISITEUR。この2点を柱にCARTE DE RESIDENT(CDR)への道筋を組み立ててみます。質問者Aさんの個別事情に直接お答えするものではありません。「CDRへの道筋」です。
(1)「美術系ARTISTEで滞在許可証はVISITEUR」のケースは、少なくありません。この地で作品を創作して、日本で作品を売却する。売却収入は、日本の銀行口座に入金され、それが滞在費としてフランスの銀行口座に自己送金される、ということです

(1BIS)VISITEUR滞在では、この地で作品を売却して現地収入を得ることはできません。この場合は、MAISON DES ARTISTES(MDA)に登録して、職業作家として所得申告する。SECURITE SOIALEのCOTISATIONを納める。滞在許可書もVISITEURから「ENTREPRENEUR/PROFESSION LIBERALE」(a)に、あるいは、「PASSEPORT TALENTの9項もしくは10項」(b)への身分変更が必要です。 (b)への変更は、審査基準、判定基準のハードルが高い、とされています。

(2)上記(1)の場合、CDR申請・取得には、①「5年間の(途絶えることにない連続した)滞在」と②「5年間の所得申告・所得税の納税が必要とされています」。①は全PREFECTUREに共通です。②はパリの場合で、他県庁(95県庁あります)についてはわかりません。5年とはいわず前年度だけの提示でよい県庁、納税実績は一切問わない県庁もあるかもしれません。    
また、パリでも妻子同伴滞在の場合は所得税ゼロでもパスしている実例はあります。  その理由は、フランスの所得税の算出仕組み(家族指数が大きく影響します)から来ています。             

(3)さて、VISITEUR滞在者の所得申告です。所得税が発生する算出式は複雑です。 ここでは説明できません。当室主宰の「所得申告説明会」をご利用ください。   
 
ところで、所得申告には国籍、滞在許可の有無、労働資格、職業許可の有無など「外国人滞在管理法/CESEDA」や「労働法/CODE DU TRAVAIL」の領域問題は関係しません。所得申告用紙にそれらの記入欄はありません。VISITEUR滞在者の場合、フランス国外(日本)からの生活送金ということでよいでしょう。フランス国外(日本)からの職業収入送金でもよいのですが、職業収入には職業経費が大きく控除されるので、実質収入数字が下がり所得税が発生しにくくなります。

 私たち外国人は滞在許可証恐怖症患者のようなものです。何事も滞在許可証の視点から見て判断しがちです。「VISITEURなのに所得申告したら違法労働と見做されないだろうか」とか。「VISITEURで収入が得られないのになぜ申告しなければならんのだ」「申告すれば税金を取られる、税金は払いたくない」の固定観念にも根強いものがあります。
そうです。CDR取得など目指さなければそれでよいのです。今、ここでは「CDR取得を目標にいかに所得税を払うか」のハナシなのです。

「所得申告説明会」案内。1月-12月の1年間の所得を翌年5月中旬締切り(ネットでの申告は6月上旬締切り)で申告します。今年度=2019年の所得申告は、「201「所得申告説明会」8年年度の所得数字を5月16日締切り(ネットは6月4日)のスケジュールでした。「第19回所得申告説明会」は5月4日{土}に実施済みです。 2020年も「第20回所得申告説明会」を4月下旬~5月上旬に開催する予定です。日本人会会報2020年3・4月号、当ブログでもほぼ同時期に詳細を掲載します。
 
2019年6月29日  相談室  岡本宏嗣
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR